V1000

製品に関するお問い合わせTEL 0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

周辺機器

漏電ブレーカ、配線用遮断器

概要

漏電ブレーカ

漏電ブレーカ
[三菱電機 (株) 製]

配線用遮断器

配線用遮断器
[三菱電機 (株) 製]

短絡事故時の電源系統の保護や配線の過負荷保護、および感電事故防止や漏電火災の誘引となる地絡保護のため、必ず、電源側に設置してください。
(注)上位電源系統で漏電ブレーカを使用している場合、漏電ブレーカの代わりに配線用遮断器が使用できます。
〔推奨品以外をご使用になる場合は、高周波対策(インバータ装置に使用可能)の施された漏電ブレーカで、インバータ1台につき定格感度電流30 mA以上のものをご使用ください。〕


短絡事故時の電源系統の保護や配線の過負荷保護のため、電源側に設置してください。

PAGE TOP

インバータとの組合せ

モータ容量にあわせて選定してください。
定格遮断容量が電源短絡電流以上となることを確認してください。
電源トランスの容量が大きい場合など、漏電ブレーカまたは配線用遮断器の定格遮断容量が不足する場合は、ヒューズなどを併用して電源短絡電流に耐えられるよう配線を保護してください。

漏電ブレーカ

200 V級 三相入力シリーズ

モータ
容量
kW
リアクトル∗1なし リアクトル∗1あり
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
0.1 NV32-SV 5 10/10 NV32-SV 5 10/10
0.2 NV32-SV 5 10/10 NV32-SV 5 10/10
0.4 NV32-SV 5 10/10 NV32-SV 5 10/10
0.75 NV32-SV 10 10/10 NV32-SV 10 10/10
1.5 NV32-SV 15 10/10 NV32-SV 10 10/10
2.2 NV32-SV 20 10/10 NV32-SV 15 10/10
3.7 NV32-SV 30 10/10 NV32-SV 20 10/10
5.5 NV63-SV 50 15/15 NV63-SV 40 15/15
7.5 NV125-SV 60 50/50 NV63-SV 50 15/15
11 NV125-SV 75 50/50 NV125-SV 75 50/50
15 NV250-SV 125 85/85 NV125-SV 100 50/50
18.5 NV250-SV 150 85/85 NV250-SV 125 85/85
∗1
ACリアクトルまたはDCリアクトルの設置を示します。
∗2
Icu : 定格限界短絡遮断容量、Ics : 定格使用短絡遮断容量

200 V級 単相入力シリーズ

モータ
容量
kW
リアクトル∗1なし リアクトル∗1あり
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
0.1 NV32-SV 5 10/10 NV32-SV 5 10/10
0.2 NV32-SV 5 10/10 NV32-SV 5 10/10
0.4 NV32-SV 10 10/10 NV32-SV 10 10/10
0.75 NV32-SV 20 10/10 NV32-SV 15 10/10
1.5 NV32-SV 30 10/10 NV32-SV 20 10/10
2.2 NV32-SV 30 10/10 NV32-SV 20 10/10
3.7 NV63-SV 50 15/15 NV63-SV 40 15/15
∗1
ACリアクトルまたはDCリアクトルの設置を示します。
∗2
Icu : 定格限界短絡遮断容量、Ics : 定格使用短絡遮断容量

400 V 級 三相入力シリーズ

モータ
容量
kW
リアクトル∗1なし リアクトル∗1あり
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
0.2 NV32-SV 5 5/5 NV32-SV 5 5/5
0.4 NV32-SV 5 5/5 NV32-SV 5 5/5
0.75 NV32-SV 5 5/5 NV32-SV 5 5/5
1.5 NV32-SV 10 5/5 NV32-SV 10 5/5
2.2 NV32-SV 15 5/5 NV32-SV 10 5/5
3.7 NV32-SV 20 5/5 NV32-SV 15 5/5
5.5 NV32-SV 30 5/5 NV32-SV 20 5/5
7.5 NV32-SV 30 5/5 NV32-SV 30 5/5
11 NV63-SV 50 7.5/7.5 NV63-SV 40 7.5/7.5
15 NV125-SV 60 25/25 NV63-SV 50 7.5/7.5
18.5 NV125-SV 75 25/25 NV125-SV 60 25/25
∗1
ACリアクトルまたはDCリアクトルの設置を示します。
∗2
Icu : 定格限界短絡遮断容量、Ics : 定格使用短絡遮断容量

配線用遮断器

200 V級 三相入力シリーズ

モータ
容量
kW
リアクトル∗1なし リアクトル∗1あり
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
0.1 NF32-SV 5 7.5/7.5 NF32-SV 5 7.5/7.5
0.2 NF32-SV 5 7.5/7.5 NF32-SV 5 7.5/7.5
0.4 NF32-SV 5 7.5/7.5 NF32-SV 5 7.5/7.5
0.75 NF32-SV 10 7.5/7.5 NF32-SV 10 7.5/7.5
1.5 NF32-SV 15 7.5/7.5 NF32-SV 10 7.5/7.5
2.2 NF32-SV 20 7.5/7.5 NF32-SV 15 7.5/7.5
3.7 NF32-SV 30 7.5/7.5 NF32-SV 20 7.5/7.5
5.5 NF63-SV 50 15/15 NF63-SV 40 15/15
7.5 NF125-SV 60 50/50 NF63-SV 50 15/15
11 NF125-SV 75 50/50 NF125-SV 75 50/50
15 NF250-SV 125 85/85 NF125-SV 100 50/50
18.5 NF250-SV 150 85/85 NF250-SV 125 85/85
∗1
ACリアクトルまたはDCリアクトルの設置を示します。
∗2
Icu : 定格限界短絡遮断容量、Ics : 定格使用短絡遮断容量

200 V級 単相入力シリーズ

モータ
容量
kW
リアクトル∗1なし リアクトル∗1あり
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
0.1 NF32-SV 5 7.5/7.5 NF32-SV 5 7.5/7.5
0.2 NF32-SV 5 7.5/7.5 NF32-SV 5 7.5/7.5
0.4 NF32-SV 10 7.5/7.5 NF32-SV 10 7.5/7.5
0.75 NF32-SV 20 7.5/7.5 NF32-SV 15 7.5/7.5
1.5 NF32-SV 30 7.5/7.5 NF32-SV 20 7.5/7.5
2.2 NF32-SV 30 7.5/7.5 NF32-SV 20 7.5/7.5
3.7 NF63-SV 50 15/15 NF63-SV 40 15/15
∗1
ACリアクトルまたはDCリアクトルの設置を示します。
∗2
Icu : 定格限界短絡遮断容量、Ics : 定格使用短絡遮断容量

400 V級 三相入力シリーズ

モータ
容量
kW
リアクトル∗1なし リアクトル∗1あり
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
形式 定格
電流
A
定格遮断容量
kA
Icu/Ics*2
0.2 NF32-SV 3 2.5/2.5 NF32-SV 3 2.5/2.5
0.4 NF32-SV 3 2.5/2.5 NF32-SV 3 2.5/2.5
0.75 NF32-SV 5 2.5/2.5 NF32-SV 5 2.5/2.5
1.5 NF32-SV 10 2.5/2.5 NF32-SV 10 2.5/2.5
2.2 NF32-SV 15 2.5/2.5 NF32-SV 10 2.5/2.5
3.7 NF32-SV 20 2.5/2.5 NF32-SV 15 2.5/2.5
5.5 NF32-SV 30 2.5/2.5 NF32-SV 20 2.5/2.5
7.5 NF32-SV 30 2.5/2.5 NF32-SV 30 2.5/2.5
11 NF63-SV 50 7.5/7.5 NF63-SV 40 7.5/7.5
15 NF125-SV 60 25/25 NF63-SV 50 7.5/7.5
18.5 NF125-SV 75 25/25 NF125-SV 60 25/25
∗1
ACリアクトルまたはDCリアクトルの設置を示します。
∗2
Icu : 定格限界短絡遮断容量、Ics : 定格使用短絡遮断容量

関連情報メニュー