Σ-Vシリーズ

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

回転形

SGMAV形 定格 · 仕様

定格及び仕様

時間定格 連続 耐熱クラス B
振動階級 V15 絶縁耐圧 AC1500 V 1分間
絶縁抵抗 DC500 V、10 MΩ以上 保護方式 全閉自冷IP65(軸貫通部を除く)
使用周囲温度 0~40℃ 使用周囲湿度 20~80%(結露しないこと)
励磁方式 永久磁石形 連結方式 直結
取付け方式 フランジ形 回転方向 正転指令で負荷側から見て反時計回り(CCW)に回転
電圧 200 V
サーボモータ形式
SGMAV-□□□
A5A 01A C2A 02A 04A 06A 08A 10A
定格出力∗1 W 50 100 150 200 400 550 750 1000
定格トルク∗1, ∗2 N · m 0.159 0.318 0.477 0.637 1.27 1.75 2.39 3.18
瞬時最大トルク∗1 N · m 0.477 0.955 1.43 1.91 3.82 5.25 7.16 9.55
定格電流∗1 Arms 0.66 0.91 1.3 1.5 2.6 3.8 5.3 7.4
瞬時最大電流∗1 Arms 2.1 2.8 4.2 5.3 8.5 12.2 16.6 23.9
定格回転速度∗1 min-1 3000
最高回転速度∗1 min-1 6000
トルク定数 N · m/Arms 0.265 0.375 0.381 0.450 0.539 0.496 0.487 0.467
回転子慣性モーメント
×10-4 kg · m2
0.0242
(0.0389)
0.0380
(0.0527)
0.0531
(0.0678)
0.116
(0.180)
0.190
(0.254)
0.326
(0.403)
0.769
(0.940)
1.20
(1.41)
定格パワーレート∗1 kW/s 10.4 26.6 42.8 35.0 84.9 93.9 74.1 84.3
定格角加速度∗1 rad/s2 65800 83800 89900 54900 67000 53700 31000 26500
組合せサーボパック
SGDV-□□□□
R70□ R90□ 1R6A、2R1F 2R8□ 5R5A 5R5A 120A
∗1
これらの項目及びトルク-回転速度特性は、SGDV形サーボパックと組み合わせて運転し、電機子巻線温度が100℃のときの値です。その他は20℃のときの値です。
∗2
定格トルクは下記寸法のアルミ製ヒートシンクに取り付けた場合の周囲温度40℃での連続許容トルク値を示します。
SGMAV-A5A、-01A形
SGMAV-C2A、-02A、-04A、-06A、-08A形
SGMAV-10A形
: 200×200×6 mm
: 250×250×6 mm
: 300×300×12 mm
(注)
( )内は、保持ブレーキ付きモータの値です。

PAGE TOP

トルク-回転速度特性

(注)1
電源電圧により反復使用領域の特性は変動します。
実線は三相200 V · 単相230 V入力時、破線は単相200 V入力時、一点鎖線は単相100 V入力時の特性を示しています。
ただし、SGMAV-A5A形については、三相200 V及び単相200 Vで同一の特性となります。
  2
実効トルクが定格トルク以内であれば、反復使用領域内で使用可能です。
  3
20 mを超えるサーボモータ主回路ケーブルについては、電圧降下が大きくなり、反復使用領域が狭くなるのでご注意ください。

さらに詳しい仕様につきましては、カタログをご覧ください。

関連情報メニュー

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP