Σ-Vシリーズ

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

リニア

SGLFW形 定格 · 仕様

定格及び仕様

時間定格 連続 絶縁耐圧 AC1500 V 1分間
絶縁抵抗 DC500 V、10 MΩ以上 冷却方式 自冷
使用周囲温度 0~40℃ 使用周囲湿度 20~80%(結露しないこと)
励磁方式 永久磁石形 許容巻線温度 130℃(B種)

200 V級

リニアサーボモータ形式
SGLFW-□□□□□□□
20A 35A 50A 1ZA
090A 120A 120A 230A 200B 380B 200B 380B
最高速度 m/s 5.0 5.0 5.0 5.0 5.0 5.0 4.9 4.9
定格推力 N 25 40 80 160 280 560 560 1120
定格電流 Arms 0.70 0.80 1.4 2.8 5.0 10.0 8.7 17.5
最大推力 N 86 125 220 440 600 1200 1200 2400
最大電流 Arms 3.0 2.9 4.4 8.8 12.4 25.0 21.6 43.6
可動子質量 kg 0.7 0.9 1.3 2.3 3.5 6.9 6.4 11.5
推力定数 N/Arms 36.0 54.0 62.4 62.4 60.2 60.2 69.0 69.0
誘起電圧定数 V/(m/s) 12.0 18.0 20.8 20.8 20.1 20.1 23.0 23.0
モータ定数 N/√W 7.9 9.8 14.4 20.4 34.3 48.5 52.4 74.0
電気的時定数 ms 3.2 3.3 3.6 3.6 15.9 15.8 18.3 18.3
機械的時定数 ms 11.0 9.3 6.2 5.5 3.0 2.9 2.3 2.1
熱抵抗(ヒートシンク付き)
K/W
4.35 3.19 1.57 0.96 0.56 0.38 0.47 0.2
熱抵抗(ヒートシンク無し)
K/W
7.69 5.02 4.10 1.94 1.65 0.95 1.3 0.73
磁気吸引力 N 314 462 809 1590 1650 3260 3300 6520
組合せサーボパック
SGDV-
1R6A
2R1F
1R6A
2R1F
1R6A
2R1F
3R8A 5R5A 120A 120A 200A
(注)1
∗の項目及び推力- 速度特性は、サーボパックと組み合わせて運転したとき、電機子巻線温度が100℃のときの値であり、その他の項目は20℃のときの値です。
  2
本仕様は冷却条件としてアルミ板(ヒートシンク)を可動子に取り付けた場合の値です。
ヒートシンク寸法 125×125×13 mm
254×254×25 mm
400×500×40 mm
600×762×50 mm
: SGLFW-20A090A、-20A120A形
: SGLFW-35A120A、-35A230A形
: SGLFW-50A200B、-50A380B、-1ZA200B形
: SGLFW-1ZA380B形

400 V級

リニアサーボモータ形式
SGLFW-□□□□□□□
35D 50D 1ZD
120A 230A 200B 380B 200B 380B
最高速度 m/s 4.5 4.5 5.0 5.0 5.0 5.0
定格推力 N 80 160 280 560 560 1120
定格電流 Arms 0.6 1.3 2.3 4.5 4.9 9.8
最大推力 N 220 440 600 1200 1200 2400
最大電流 Arms 2.0 4.0 5.6 11.0 12.3 24.6
可動子質量 kg 1.3 2.3 3.5 6.9 6.4 11.5
推力定数 N/Arms 136.0 136.0 134.7 134.7 122.6 122.6
誘起電圧定数 V/(m/s) 45.3 45.3 44.9 44.9 40.9 40.9
モータ定数 N/√W 14.2 20.1 33.4 47.2 51.0 72.1
電気的時定数 ms 3.7 3.6 15.0 15.0 17.4 17.2
機械的時定数 ms 5.2 5.1 3.2 3.2 2.5 2.2
熱抵抗(ヒートシンク付き)
K/W
1.57 0.96 0.56 0.38 0.47 0.2
熱抵抗(ヒートシンク無し)
K/W
4.1 1.94 1.65 0.95 1.3 0.73
磁気吸引力 N 810 1590 1650 3260 3300 6520
組合せサーボパック SGDV- 1R9D 1R9D 3R5D 5R4D 5R4D 120D
(注)1
∗の項目及び推力- 速度特性は、サーボパックと組み合わせて運転したとき、電機子巻線温度が100℃のときの値であり、その他の項目は20℃のときの値です。
  2
本仕様は冷却条件としてアルミ板(ヒートシンク)を可動子に取り付けた場合の値です。
ヒートシンク寸法 254×254×25 mm
400×500×40 mm
600×762×50 mm
: SGLFW-35D120A、-35D230A形
: SGLFW-50D200B、-50D380B、-1ZD200B形
: SGLFW-1ZD380B形

PAGE TOP

推力-速度特性

200 V級

(注)1
電源電圧により反復使用領域の特性は変動します。
実線は三相200 V入力時、破線は単相200 V入力時、一点鎖線は単相100 V入力時の特性を示しています。
  2
実効推力が定格推力以内であれば、反復使用領域内で使用可能です。

400 V級

(注)1
電源電圧により反復使用領域の特性は変動します。
実線は三相400 V入力時、破線は三相200 V入力時の特性を示しています。
  2
三相200 V入力で使用する場合は、シリアル変換ユニットを交換する必要があります。
詳細については当社の技術部門にご相談ください。
  3
実効推力が定格推力以内であれば、反復使用領域内で使用可能です。

さらに詳しい仕様につきましては、カタログをご覧ください。

関連情報メニュー

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP