Σ-Xシリーズ

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

回転形

SGMXG形 定格・仕様

仕様表

電圧 200V
形式 SGMXG- 03A、05A
09A 13A 20A
時間定格 連続
耐熱クラス UL:F、CE:F
絶縁抵抗 DC500 V、10 MΩ 以上
絶縁耐圧 AC1500 V 1 分間
励磁方式 永久磁石形
取付け方式 フランジ形
連結方式 直結
回転方向 正転指令で負荷側から見て反時計回り (CCW)
振動階級∗1 V15
環境条件 使用周囲温度 0 °C ~ 40 °C(最大60 °C)∗3
使用周囲湿度 20 % ~ 80 %RH (結露しないこと)
取付け場所 ・屋内で、腐食性または爆発性のガスのない所
・風通しがよく、ほこり、ごみや湿気の少ない所
・点検や清掃のしやすい所
・標高1000 m 以下(1000 m ~ 2000 mの場合は減定格にて使用可能)∗3
・強磁界が発生しない所
保存環境 モータに通電しないで保管する場合は、次の環境を守ってください。
保存温度: -20 °C ~ +60 °C (凍結しないこと)
保存湿度: 20 % ~ 80 %RH (結露しないこと)
耐衝撃∗2 衝撃加速度
(フランジ面基準にて)
490 m/s2
衝撃回数 2回
耐振動∗2 振動加速度
(フランジ面基準にて)
49 m/s2 (前後方向24.5 m/s2
組合せサーボパック∗4 SGDXS- 3R8A 7R6A (120A) 120A (180A) 180A (200A)
SGDXW- 5R5A∗5、7R6A∗5 7R6A
電圧 200V
形式 SGMXG- 30A 44A 55A 75A 1AA 1EA
時間定格 連続
耐熱クラス UL:F、CE:F
絶縁抵抗 DC500 V、10 MΩ 以上
絶縁耐圧 AC1500 V 1 分間
励磁方式 永久磁石形
取付け方式 フランジ形
連結方式 直結
回転方向 正転指令で負荷側から見て反時計回り (CCW)
振動階級∗1 V15
環境条件 使用周囲温度 0 °C ~ 40 °C(最大60 °C)∗3
使用周囲湿度 20 % ~ 80 %RH (結露しないこと)
取付け場所 ・屋内で、腐食性または爆発性のガスのない所
・風通しがよく、ほこり、ごみや湿気の少ない所
・点検や清掃のしやすい所
・標高1000 m 以下(1000 m ~ 2000 mの場合は減定格にて使用可能)∗3
・強磁界が発生しない所
保存環境 モータに通電しないで保管する場合は、次の環境を守ってください。
保存温度: -20 °C ~ +60 °C (凍結しないこと)
保存湿度: 20 % ~ 80 %RH (結露しないこと)
耐衝撃∗2 衝撃加速度
(フランジ面基準にて)
490 m/s2
衝撃回数 2回
耐振動∗2 振動加速度
(フランジ面基準にて)
49 m/s2 (前後方向24.5 m/s2 24.5 m/s2
組合せサーボパック∗4 SGDXS- 330A (470A) 330A (550A) 470A (780A) 550A 590A 780A
SGDXW-
∗1
振動階級V 15とは、サーボモータ単体で定格回転時の振動振幅が15 μm 以下であることを表します。
∗2
サーボモータの軸を水平方向に取り付け、下図の方向に衝撃あるいは振動を与えた場合の値です。
サーボモータに加わる振動は、アプリケーションにより振動の強さが異なります。このため、必ず実機で振動加速度を確認してください。
サーボモータに加わる衝撃
∗3
減定格率については、カタログの「減定格率」を参照してください。
∗4
瞬時最大トルクを大きくしたい場合は、( )内の形式のサーボパックを使用してください。
各サーボパックの瞬時最大トルクは、カタログの「サーボモータの定格」、「トルク-回転速度特性」を参照してください。
∗5
Σ-XWサーボパックと組み合わせた場合、Σ-XSサーボパック使用時に比べて制御ゲインが上がらないなど、性能が低下する可能性があります。

PAGE TOP

定格

SGMXG-03~-20

電圧 AC 200 V
形式 SGMXG- 03A 05A 09A 13A 20A
定格出力∗1 kW 0.3 0.45 0.85 1.3 1.8
定格トルク∗1,∗2 N·m 1.96 2.86 5.39 8.34 11.5
瞬時最大トルク∗1 N·m 5.88 8.92 14.2
20.0∗3
23.3
30.0∗4
28.7
35.4∗5
定格電流∗1 Arms 2.8 3.8 6.9 10.7 16.7
瞬時最大電流∗1 Arms 8.0 11 17
28∗3
28
40∗4
42
56∗5
定格回転速度∗1 min-1 1500
連続許容回転速度 min-1 4000 3000
最高回転速度∗1 min-1 4000
トルク定数∗1 N·m
/Arms
0.776 0.854 0.859 0.891 0.748
回転子慣性モーメント∗6 保持ブレーキなし × 10-4 kg∙m2 2.48 3.33 13.9 19.9 26.0
保持ブレーキ付き 2.73 3.58 16.0 22.0 28.1
定格パワーレート∗1 保持ブレーキなし kW/s 15.5 24.6 20.9 35.0 50.9
保持ブレーキ付き 14.1 22.9 18.2 31.6 47.1
定格角加速度∗1 保持ブレーキなし rad/s2 7900 8590 3880 4190 4420
保持ブレーキ付き 7180 7990 3370 3790 4090
ヒートシンクサイズ∗7 mm 250 × 250 × 6
(アルミ製)
400 × 400 × 20
(鉄製)
保護構造∗8 全閉自冷IP67
保持ブレーキ仕様∗9 定格電圧 V DC24 V+10%/0
容量 W 10
保持トルク N·m 4.5 12.7 19.6
コイル抵抗 Ω (at 20°C) 56 59
定格電流 A (at 20°C) 0.43 0.41
ブレーキ開放時間 ms 100
ブレーキ動作時間 ms 80
許容負荷慣性モーメント
(回転子慣性モーメントの倍率)∗10
3000 min-1 15倍 15倍 5倍 5倍 5倍
4000 min-1 8.4倍 8.4倍 2倍 2倍 5倍
回生抵抗外付け、
DB抵抗外付け∗11の場合
3000 min-1 15倍 15倍 10倍 10倍 10倍
4000 min-1 8.4倍 8.4倍 8倍 9倍 7倍
軸の許容荷重∗12 LF mm 40 58
許容ラジアル荷重 N 490 490 686 980
許容スラスト荷重 N 98 98 343 392
∗1
サーボパックと組み合わせて運転し、電機子巻線温度が20°C のときの値です。また、各値は代表値です。
∗2
定格トルクは表記寸法のアルミ製または鉄製ヒートシンクに取り付けた場合の連続許容トルク値を示します。
∗3
サーボパックSGDXS-120Aと組み合わせて使用した場合の値です。
∗4
サーボパックSGDXS-180Aと組み合わせて使用した場合の値です。
∗5
サーボパックSGDXS-200Aと組み合わせて使用した場合の値です。
∗6
バッテリレス絶対値エンコーダ搭載仕様(ブレーキ付き含む)は、表中の値と同じです。
∗7
ヒートシンクと減定格率の関係は、カタログの「サーボモータの放熱条件」を参照してください。
∗8
軸貫通部を除きます。また、専用ケーブルを使用した場合のみ、保護構造仕様を満たします。
軸貫通部
∗9
保持ブレーキ付きサーボモータをご使用の場合は、以下に示す点にご注意ください。
  • 保持ブレーキは制動用には使用できません。
  • 保持ブレーキ開放時間及び保持ブレーキ作動時間は使用する放電回路によって異なります。ご使用の際は、必ず実機で動作遅れ時間を確認してください。
  • DC24 V 電源はお客様でご準備ください。
∗10
回転子慣性モーメントの倍率は、保持ブレーキなしの標準サーボモータに対する値です。
∗11
DB抵抗を外付けする場合、サーボパックはハードウェアオプション仕様「0020」を選択してください。
∗12
サーボモータの運転中に加わるラジアル荷重、スラスト荷重は、表中の値を超えないように機械の設計を行ってください。
軸の許容荷重

SGMXG-30~-1E

電圧 AC 200 V
形式 SGMXG- 30A 30A∗3 44A 55A 75A 1AA 1EA
定格出力∗1 kW 2.9 (2.4) 4.4 5.5 7.5 11 15
定格トルク∗1,∗2 N·m 18.6 (15.1) 28.4 35.0 48.0 70.0 95.4
瞬時最大トルク∗1 N·m 54.0
66.8∗4
(45.1) 71.6
95.6∗5
102
134∗6
119 175 224
定格電流∗1 Arms 24.5 (19.6) 32.9 37.2 54.7 58.6 74.0
瞬時最大電流∗1 Arms 71
92∗4
(56) 84
115∗5
110
149∗6
130 140 170
定格回転速度∗1 min-1 1500
連続許容回転速度 min-1 3000 2000
最高回転速度∗1 min-1 4000 3000
トルク定数∗1 N·m
/Arms
0.826 0.826 0.932 1.02 0.957 1.38 1.44
回転子慣性モーメント∗7 保持ブレーキなし × 10-4 kg∙m2 46.0 46.0 67.5 89.0 125 242 303
保持ブレーキ付き 53.9 53.9 75.4 96.9 133 261 341
定格パワーレート∗1 保持ブレーキなし kW/s 75.2 (49.6) 119 138 184 202 300
保持ブレーキ付き 64.2 (42.3) 107 126 173 188 267
定格角加速度∗1 保持ブレーキなし rad/s2 4040 (3280) 4210 3930 3840 2890 3150
保持ブレーキ付き 3450 (2800) 3770 3610 3610 2680 2800
ヒートシンクサイズ∗8 mm 550 × 550 × 30
(鉄製)
650 × 650 × 35
(鉄製)
保護構造∗9 全閉自冷IP67
保持ブレーキ仕様∗10 定格電圧 V DC24 V+10%/0
容量 W 18.5 25 32 35
保持トルク N·m 43.1 72.6 84.3 114.6
コイル抵抗 Ω (at 20°C) 31 23 18 17
定格電流 A (at 20°C) 0.77 1.05 1.33 1.46
ブレーキ開放時間 ms 170 250
ブレーキ動作時間 ms 100 80
許容負荷慣性モーメント
(回転子慣性モーメントの倍率)∗11
2000 min-1 - - - - - 5倍 5倍
3000 min-1 5倍 3倍 5倍 5倍 5倍 2.2倍 1.5倍
4000 min-1 4倍 2.2倍 2.4倍 3.5倍 2.2倍 - -
回生抵抗外付け、
DB抵抗外付け∗12の場合
2000 min-1 - - - - - 10倍 10倍
3000 min-1 10倍 7倍 10倍 10倍 10倍 4倍 2倍
4000 min-1 5倍 4倍 5倍 5倍 4倍 - -
軸の許容荷重∗13 LF mm 79 113 116
許容ラジアル荷重 N 1470 1764 4998
許容スラスト荷重 N 490 588 2156
∗1
サーボパックと組み合わせて運転し、電機子巻線温度が20°C のときの値です。また、各値は代表値です。
∗2
定格トルクは表記寸法のアルミ製または鉄製ヒートシンクに取り付けた場合の連続許容トルク値を示します。
∗3
サーボパックSGDXS-200Aと組み合わせて使用した場合の値です。
組み合わせるサーボパックの定格電流、および最大電流によりサーボモータの出力が制限されます。負荷率はサーボモータの定格電流24.5 Armsを基準に計算されます。負荷率80%以下で使用してください。
∗4
サーボパックSGDXS-470Aと組み合わせて使用した場合の値です。
∗5
サーボパックSGDXS-550Aと組み合わせて使用した場合の値です。
∗6
サーボパックSGDXS-780Aと組み合わせて使用した場合の値です。
∗7
バッテリレス絶対値エンコーダ搭載仕様(ブレーキ付き含む)は、表中の値と同じです。
∗8
ヒートシンクと減定格率の関係は、カタログの「サーボモータの放熱条件」を参照してください。
∗9
軸貫通部を除きます。また、専用ケーブルを使用した場合のみ、保護構造仕様を満たします。
軸貫通部
∗10
保持ブレーキ付きサーボモータをご使用の場合は、以下に示す点にご注意ください。
  • 保持ブレーキは制動用には使用できません。
  • 保持ブレーキ開放時間及び保持ブレーキ作動時間は使用する放電回路によって異なります。ご使用の際は、必ず実機で動作遅れ時間を確認してください。
  • DC24 V 電源はお客様でご準備ください。
∗11
回転子慣性モーメントの倍率は、保持ブレーキなしの標準サーボモータに対する値です。
∗12
DB抵抗を外付けする場合、サーボパックはハードウェアオプション仕様「0020」を選択してください。
∗13
サーボモータの運転中に加わるラジアル荷重、スラスト荷重は、表中の値を超えないように機械の設計を行ってください。
軸の許容荷重

PAGE TOP

トルク-回転速度特性

トルク-回転速度特性

トルク-回転速度特性

(注)
  1. サーボパックと組み合わせて運転し、電機子巻線温度が20°C のときの値 (代表値) です。
  2. 電源電圧により反復使用領域の特性は変動します。
  3. 実効トルクが定格トルク以内であれば、反復使用領域内で使用可能です。
  4. 20 m を超えるサーボモータ主回路ケーブルを使用する場合には、電圧降下が大きくなり、反復使用領域が狭くなるのでご注意ください。
  5. SGMXG-09A、および-13Aは、SGDXS-120A□□A0008と組み合わせた場合に、単相入力に対応しています。

使用周囲温度によるサーボモータの減定格率

サーボモータの使用周囲温度に合わせて(最大60°C)、下図に示す減定格率をご参照しご使用ください。

使用周囲温度によるサーボモータの減定格率

標高1000 mを超える場合

サーボモータの定格は、標高1000 m以下における連続許容値を示しています。標高1000 mを超えて使用する場 合(最高2000 m)、空気による放熱効果が低減しますので、下図に示す減定格率を参照しご使用ください。

標高1000 mを超える場合

(注)
  1. 減定格でご使用の際は、カタログの「モータ過負荷検出レベル」を参照し、過負荷ワーニング、過負荷アラーム検出タイミングを変更してください。
  2. 組み合わせるサーボパックとサーボモータそれぞれの減定格仕様を満たす条件で使用してください。
  3. 減定格率は平均回転速度が定格回転速度以下の場合です。平均回転速度が定格速度を超える場合は当社営業所または代理店へお問い合わせください。

関連情報メニュー

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP