MP3200

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

通信モジュール

DeviceNet通信モジュール(260IF-01)

共通仕様

項目 仕様
物理的環境条件 動作周囲温度 0 ~ +55℃(ビジョンユニットのみ0 ~ +50℃)
保存周囲温度 -25 ~ +85℃
使用周囲湿度 30 ~ 95%RH(ただし、結露しないこと)
保存周囲湿度 5 ~ 95%RH(ただし、結露しないこと)
汚損度 JIS B3502に準拠(汚損度2)
耐腐食性 可燃性、腐食性ガスのないこと
使用高度 標高2000 m 以下
電気的稼働条件 耐ノイズ EN61000-6-2、EN61000-6-4、
EN55011(Group 1 Class A)に準拠
機械的稼働条件 耐振動 JIS B3502 に準拠
  • 連続的な振動を受ける場合 :
    周波数 5 ~ 9 Hz 片振幅 1.75 mm
    周波数 9 ~ 150 Hz 定加速度 4.9 m/s2
  • 断続的な振動を受ける場合 :
    周波数 5 ~ 9 Hz 片振幅 3.5 mm
    周波数 9 ~ 150 Hz 定加速度 9.8 m/s2
    いずれもX、 Y、 Z各方向10回
耐衝撃 衝撃の大きさ ピーク加速 147 m/s2(15G)
作用時間 11 ms
X、 Y、 Z各方向3回
設置条件 接地 D種接地
冷却方式 自然空冷、強制空冷
輸送時も含む。

DeviceNet 通信仕様

項目 仕様
形式 JAPMC-CM2320-E
回線数 1
対応可能通信種類 I/O伝送機能(Polled、Bit Strobed)、Explicitメッセージ
(いずれもDeviceNet準拠)
I/O伝送 最大スレーブ数 63ノード
最大入出力
バイト数
1024バイト、最大入出力バイト数各256バイト/ノード
メッセージ通信
(マスタ時のみ)
メッセージ通信可能な
最大ノード数
63ノード、同時に通信可能なノード数8ノード
最大
メッセージ長
256バイト
実行用関数 MSG-SND関数
設定部 前面ロータリスイッチ2個 : ノードアドレス
前面ディップスイッチ : 通信速度、マスタ/スレーブ選択
表示部 LED2個 : MS、NS
通信用電源電圧 DC24V±10%(専用ケーブルより供給)
消費電流 通信電源 : 最大45 mA(通信コネクタより供給)
概略質量 90 g

RS-232C 通信仕様

項目 仕様
形式 JAPMC-CM2320-E
インタフェース 1ポート(PORT)
コネクタ D-sub9ピン(雌)
伝送距離 最大15 m
伝送速度 最大19.2 kbps
同期方法 非同期式(調歩同期)
伝送プロトコル メモバスプロトコル(マスタ/スレーブ)、MELSECプロトコル(A互換1Cフレーム 形式1)、 オムロンプロトコル(上位モードのみ)、無手順
接続形態 1対1
伝送フォーマット
(設定可能)
データビット長 : 7、8ビット
ストップビット長 : 1、2ビット
パリティビット長 : 偶数、奇数、なし
概略質量 90 g

関連情報メニュー

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP