MECHATROLINK-III対応マシンコントローラMP2000シリーズ

新製品情報
2008/09/30

産業機械装置の分野においては、省配線ニーズやオープンネットワークの普及を背景に、ネットワークシステムの需要がますます高まってきています。現在、MECHATROLINKは、通信速度10Mbps 最大スレーブ数30局のMECHATROLINK-IIが普及しており、これまでの総出荷ノード数は48万ノードと多数の出荷実績があります。また、対応製品としてPLC、モーションコントローラ、サーボドライブ、ステッピングモータ、インバータ、IO、温調器など150機種以上の製品が各社から発売されており、さまざまな産業機械装置にその製品が適用されており、オープンなモーションネットワークとして業界のデファクトスタンダードとなっています。
また、産業機械装置では、近年、さらなる生産性の向上や、生産ラインに合わせた柔軟なシステム対応が求められており、機械を制御するモーションフィールドネットワークに対して、ネットワーク高速化や装置の大型化に伴って、システム構成の柔軟性や接続距離の延長など大規模システムへの対応などの高性能・高機能化が求められています。
MECHATROLINK-IIIは、このような要求に対応するために、標準化団体であるMECHAROLINK協会により仕様を策定し、公開された新しい高性能・高機能なオープンモーションネットワークです。
こうした状況の中、以下の点を特徴としたMECAHTROLINK-III対応のモーション制御モジュールSVCモジュールを製品化し、さらにその性能を生かすためマシンコントローラMP2000シリーズ製品群の強化を図りました。

(1)最速で最高のモーションシステムをオープンな環境で実現
(2)最大256軸の制御を可能とした豊富な品揃え
(3)最高性能のサーボと接続し、豊富なアクチュエータをサポート
(4)自由な接続形態
(5)統合エンジニアリング環境の提供
(6)高速多軸制御・高精度化を簡単に実現
(7)セルフコンフィグレーションによる簡単セットアップ

 


1. 主な特長

(1)最速で最高のモーションシステムをオープンな環境で実現
オープンモーションネットワークMECHATROLINK-IIIに対応し、最速なモーション制御を可能としたモーション制御モジュールSVC-01を開発しました。これをMP2000シリーズ本体に装着することによりMECHATROLINK-III対応ノードへの高速なアクセスが可能となります。
これにより、機械・システムの動作をさらに高速化することが可能となり、生産性が格段に向上します。従来、制御の高速化においつかず、パルス列やアナログで制御し、ネットワーク化できなかった機械・システムにも適用が可能となります。
 


PAGE TOP

Facebook Twitter Youtube