Σ-V-FTシリーズ FT001

新製品情報
2013/01/22

振動抑制機能を強化することにより、Σ-Vシリーズのサーボパックよりも、さらに位置決め時間の短縮が可能となりました。

複数の機台振動(異なる振動周波数)を有する装置で効果が期待できます。ヨーロッパ、アメリカ、アジア各国でお使いいただけるよう、各種規格(CEマーキング、UL規格、RoHS指令、KCマーク)にも対応します。



 2種類の機台振動をゲイン切り替えで抑制

ゲイン切り替え機能に、異なる振動周波数(機台振動)を設定するためのパラメータを新たに追加し、振動抑制機能を強化しました。

ゲイン切り替えによって、2種類の機台振動を抑制できるため、複数の機台振動を有する装置でもスループット向上が可能です。

切り替え方法は、自動/手動の二種類から選択が可能です。
・自動ゲイン切り替えモード : モータの正転/逆転により、自動的にゲインを切り替えることができます

・手動ゲイン切り替えモード : 外部入力信号(/G-SEL)により、任意のタイミングでゲインを切り替えることができます。

 

機械共振を抑制するノッチフィルタを5段に強化

機械共振により発生する振動を抑制するノッチフィルタを従来の2段から5段に強化しました。

複数の機械共振についてノッチフィルタを適用することにより、ゲインを上げることが可能となり、外乱抑制力アップや位置決め時間短縮の効果が期待できます。

 

主な用途

複数の機台振動を有する装置全般でお使いいただけます。

・プロービングマシン

・取り出しロボット

・LEDボンダ
・マウンタ


PAGE TOP

Facebook Twitter Youtube