Σ-7シリーズ

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

ダイレクトドライブ

SGMCSモデル 仕様

仕様表

電圧 200 V
形式 SGMCS- 02B 05B 07B 04C 10C 14C 08D 17D 25D 16E 35E
時間定格 連続
耐熱クラス A
絶縁抵抗 DC 500 V、10 MΩ 以上
絶縁耐圧 AC 1500 V 1 分間
励磁方式 永久磁石形
取付け方式 フランジ形
連結方式 直結
回転方向 正転指令で負荷側から見て反時計回り (CCW)
振動階級 ∗1 V 15
絶対精度 ±15 秒
繰り返し精度 ±1.3 秒
保護構造 ∗2 IP42
環境条件 使用周囲温度 20 °C ~ 40 °C (凍結しないこと)
使用周囲湿度 20 % ~ 80 %RH (結露しないこと)
取付け場所
  • 屋内で、腐食性または爆発性のガスのない所
  • 風通しがよく、ほこり、ごみや湿気の少ない所
  • 点検や清掃のしやすい所
  • 標高 1000 m 以下
  • 強磁界が発生しない所
保存環境 モータに通電しないで保管する場合は、
次の環境を守ってください。
保存温度 : -20 °C ~ +60 °C (凍結しないこと)
保存湿度 : 20 % ~ 80 %RH (結露しないこと)
工作精度 ∗3 出力軸面振れ mm 0.02
出力軸軸振れ mm 0.04
出力軸と取付面の
平行度
mm 0.07 0.08
出力軸と取付
はめあい外径の
同軸度
mm 0.07 0.08
耐衝撃 ∗4 衝撃加速度
(フランジ面基準にて)
490 m/s2
衝撃回数 2 回
耐振動 ∗5 振動加速度
(フランジ面基準にて)
49 m/s2
組合せサーボパック 「サーボパックとモータの組合せ」を参照してください
∗1
振動階級V15 とは、サーボモータ単体で定格回転時の振動振幅が15 μm 以下であることを表します。
∗2
中空穴部、モータ取付面、出力軸面、出力軸回転部すき間を除きます。また、専用ケーブルを使用した場合のみ、保護構造仕様を満たします。
∗3
サーボモータの該当個所については、下図を参照してください。各機種の精度については、各サーボモータの寸法図を参照してください。
∗4
サーボモータの軸を水平方向に取り付けた場合、上下方向の衝撃に対する耐衝撃性は上表のとおりです。
∗5
サーボモータの軸を水平方向に取り付けた場合、上下、左右、前後の3方向に対する耐振動は上表のとおりです。
また、サーボモータに加わる振動は、アプリケーションにより振動の強さが異なりますので振動加速度を確認してください。

PAGE TOP

定格

電圧 200 V
形式 SGMCS- 02B 05B 07B 04C 10C 14C 08D 17D 25D 16E 35E
定格出力 ∗1 W 42 105 147 84 209 293 168 356 393 335 550
定格トルク ∗1、∗2 N·m 2 5 7 4 10 14 8 17 25 16 35.0
瞬時最大トルク ∗1 N·m 6 15 21 12 30.0 42 24 51 75 48 105
ストールトルク ∗1 N·m 2.05 5.15 7.32 4.09 10.1 14.2 8.23 17.4 25.4 16.5 35.6
定格電流 ∗1 Arms 1.8 1.7 1.4 2.2 2.8 1.9 2.5 2.6 3.3 3.5
瞬時最大電流 ∗1 Arms 5.4 5.1 4.1 7 8.3 5.6 7.5 8 9.4 10
定格回転速度 ∗1 min-1 200 200 200 150 200 150
最高回転速度 ∗1 min-1 500 500 400 300 500 350 250 500 250
トルク定数 N-m/
Arms
1.18 3.17 5.44 2.04 5.05 5.39 5.1 7.79 10.8 5.58 11.1
回転子慣性モーメント ×10-4
kg·m2
28 51 77 77 140 220 285 510 750 930 1430
定格パワーレート ∗1 kW/s 1.43 4.9 6.36 2.08 7.14 8.91 2.25 5.67 8.33 2.75 8.57
定格角加速度 ∗1 rad/s2 710 980 910 520 710 640 280 330 170 240
ヒートシンクサイズ mm 350 × 350 × 12 450 × 450 × 12 550 × 550 × 12 650 × 650 × 12
許容負荷慣性モーメント
(回転子慣性モーメントの倍率)
10 倍 5 倍 3 倍
外付け回生、
DB抵抗付きの場合
10 倍 5 倍 3 倍
許容荷重 ∗3 許容スラスト
荷重
N 1500 3300 4000 11000
許容
モーメント
荷重
N·m 40 50 64 70 75 90 93 103 135 250 320
∗1
サーボパックと組み合わせて運転し、電機子巻線温度が100°C のときの値です。その他の項目は20°C のときの値です。また、各値は代表値です。
∗2
定格トルクは、鉄製ヒートシンクに取り付けた場合の周囲温度40℃での連続許容トルク値を示します。
∗3
サーボモータの運転中に加わるスラスト荷重、モーメント荷重は、下図のパターンに代表されます。
表中の値を超えないように機械の設計を行ってください。
(注)
本サーボモータに使用している軸受は、軸受の温度によって損失に変動があります(軸受の損失は、低温時に高くなります)。

PAGE TOP

トルク-回転速度特性

(注)1
サーボパックと組み合わせて運転し、電機子巻線温度が100 °C のときの値です。また、各値は代表値です。
  2
電源電圧により反復使用領域の特性は変動します。
  3
実効トルクが定格トルク以内であれば、反復使用領域内で使用可能です。
  4
20 m を超えるサーボモータ主回路ケーブルを使用する場合には、電圧降下が大きくなり、反復使用領域が狭くなるのでご注意ください。

さらに詳しい仕様につきましては、カタログをご覧ください。

関連情報メニュー

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP