用途・事例一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

データ活用による現場復旧の迅速化

生産現場の設備や装置のデータをリアルタイムで収集・蓄積・分析することができるソフトウェア「YASKAWA Cockpit」を使用し、ロボットの異常停止前後のデータを視える化。早期の原因特定に役立ち、復旧時間の短縮に貢献します。

課題ロボットの異常停止が起こったときの復旧時間を短縮したい

生産ラインにロボットを使用しているが、ロボットが異常停止した際、原因の解析・特定に時間がかかり、その間は生産活動がストップしてしまう。予期しない停止が発生した場合でも復旧時間を短縮したい。

 

ロボットの異常停止が起こったときの復旧時間を短縮したい

 

ソリューション異常停止前後のデータを視える化し、早期に原因を特定

■ロボットの異常停止前後のデータを視える化

「YASKAWA Cockpit(以下、YCP)」のロボットレコーダー機能により、ロボットの異常停止前後のデータを表示・グラフ化します。このデータを使用することで、停止の原因解析が可能となります。予期しない停止が発生しても、早期の原因特定に役立ち、また再発防止にもつながります。
∗ YASKAWA Cockpit (YCP):工場の設備や装置をつなげることで、生産現場や装置のデータをリアルタイムで収集・蓄積・分析できるソフトウェア。

 

ロボットの異常停止前後のデータを視える化

 

■人協働ロボットが受けている外力を視える化

人協働ロボットを導入されている場合は、YCPのトルクセンサーモニタ機能により、人協働ロボットが受けている外力も視える化します。また、ツール番号やジョブのライン番号、アラームなども表示されます。これにより、トラブルが発生した際の原因分析に貢献します。

 

人協働ロボットが受けている外力を視える化

 

【あわせて読みたい】生産設備の突発的な停止を防ぐ
【あわせて読みたい】制御データの活用で作業品質管理やトレーサビリティを確保

 

関連製品

分類

業界

自動車・自動車部品、金属加工、搬送装置、射出・成形、電気・電子、食品

アプリケーション

金属加工、組立、仕分け・梱包、搬送、検査・検出、アーク溶接

テーマ

生産性向上、予測・ガイダンス、データ活用

製品

ロボット

一覧に戻る

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP