用途・事例一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

制御データの活用により作業品質管理やトレーサビリティを確保

生産現場の設備や装置のデータをリアルタイムで収集・蓄積・分析することができるソフトウェア「YASKAWA Cockpit」を使用し、ロボットのさまざまな制御データを視える化。これらのデータを活用し、作業品質の管理やトレーサビリティ確保に貢献します。

課題作業品質の管理や、トレーサビリティの確保がしたい

生産ラインにロボットを使用しているが、製品の品質向上のため、作業品質の管理やトレーサビリティの確保がしたい。

 

作業品質の管理や、トレーサビリティの確保がしたい

 

ソリューション収集・蓄積したロボットの制御データを視える化し活用

■ロボットの制御データを視える化

「YASKAWA Cockpit∗1(以下、YCP)」のMotoFitモニタ機能により、6軸力覚制御機能である「MotoFit∗2」が搭載されたロボットの制御データ(力、位置、モーメント、力覚ステータスなど)を自動で収集・蓄積・表示(一覧やグラフで表示)します。これにより作業品質の管理や、トレーサビリティデータとしての活用が可能となります。
∗1:YASKAWA Cockpit (YCP):工場の設備や装置をつなげることで、生産現場や装置のデータをリアルタイムで収集・蓄積・分析できるソフトウェア。
∗2:MotoFitの詳細ページはこちら

 

ロボットの制御データを視える化

 

■いつもと違う動きを監視

YCPのオシロスコープ機能により、トルク指令、速度指令/速度FB、I/O信号の波形確認、波形データの取得が可能です。いつもと違うロボットの動きを監視し、効率改善に活用したり、トレーサビリティデータとしてもご利用頂けます。

 

いつもと違う動きを監視

 

【あわせて読みたい】生産設備の突発的な停止を防ぐ
【あわせて読みたい】データ活用による現場復旧の迅速化

 

関連製品

分類

業界

自動車・自動車部品、金属加工、搬送装置、射出・成形、電気・電子、食品

アプリケーション

金属加工、組立、仕分け・梱包、搬送、検査・検出、アーク溶接

テーマ

生産性向上、予測・ガイダンス、データ活用

製品

ロボット

一覧に戻る

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP