用途・事例一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

スポット溶接設備のコンパクト化を実現

1台で上部から下部まで溶接が可能な中型スポット溶接ロボットを活用することで、設備のコンパクト化を実現します。


課題溶接設備をコンパクト化したいが、ロボットの溶接範囲は維持したい

自動車ボディの溶接工程に、大型スポット溶接ロボットを使っている。その中で、溶接設備をコンパクトにしたいという課題がある。そのため、大型ロボットから中型ロボットに置換えたいが、中型ロボットでも大型と同じように上部から下部まで広い範囲で溶接できるだろうか?

 

溶接設備をコンパクト化したいが、ロボットの溶接範囲は維持したい

 

ソリューション有効動作領域の広い7軸中型ロボットで、コンパクト化を実現

7軸の中型スポット溶接ロボットMOTOMAN-SP100Bに置換えることで、設備のコンパクト化を実現します。

 

MOTOMAN-SP100Bは、中型スポット溶接ロボットでありながら、1台で上部から下部までスポット溶接が可能なロボットです。通常の6軸に加え、L軸アームの中間に7軸目のE軸を追加することで、有効動作領域を拡大しました。E軸を曲げることによりLアームの長さが自由自在に変えられるため、1台で上部から下部までスポット溶接が可能です。これにより、大型ロボット同様の溶接可能範囲を確保しながら、設備幅を縮めることができます。

 

また、ワークへの接近性が高くなることで、高密度配置も可能になります。さらなる設備のコンパクト化に貢献します。

 

MOTOMAN-SP100B

 

有効動作領域の広い7軸中型ロボットで、コンパクト化を実現

 

関連製品

分類

業界

自動車・自動車部品

アプリケーション

スポット溶接

テーマ

高品質化、生産性向上、高効率化

製品

ロボット

一覧に戻る

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP