MP2300

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

特長

電源·CPU·通信·サーボ制御が内蔵で一体化

課題

一般のPLCは電源·CPU·位置決めモジュール·I/O·通信モジュールが必要となり、コストが思ったよりかかってしまう。

MP2000シリーズを使うと

基本モジュールにモーション制御に必要なものを内蔵し、一体化が可能です。
必要に応じて、I/Oや通信はオプションモジュール装着することで、拡張も可能。
アプリケーションプログラムはMP2200と共通で、機能をフルサポートし、オプションモジュールもすべて装着可能の万能コントローラです。

名称 形式 内蔵 スロット数 最大
制御
軸数
I/O 通信 サーボ制御 基本制御軸数
MP2300 JEPMC-MP2300-E 入力8点、
出力4点
- MECHATROLINK-II×1 16 3 48
MP2310 JEPMC-MP2310-E - Ethernet×1 64
MP2300S JEPMC-MP2300S-E - 1 32

複数コントローラの高速な同期分散システムが可能

課題

1台のコントローラですべての軸を制御すると、どうしても制御周期が長くなってしまう。

MP2000シリーズを使うと

MP2310とMP2300Sは、MECHATROLINKにスレーブCPU同期機能を装備 (新機能)しています。
上位MP2000シリーズ (マスタ)とMECHATROLINK-IIで接続すれば、スレーブコントローラ間の同期運転が可能です。また、コントローラの負荷分散により、多軸モーションの高速同期が実現します。

関連情報メニュー