用途・事例 一覧に戻る

高負荷のビス留め作業を改善

作業者の負荷が高く労働災害のリスクもある天井へのビス留めを人協働ロボットが代替することで、労働災害を防ぎ、人材不足も解消します。


課題 建築現場でのビス留め作業の身体負荷を減らしたい

建築現場などで天井へ建材のビス留めをする際、上向きの状態が長時間続き作業者の身体への負荷が高い。また、作業者の高齢化により人材が不足していることもあり、自動化したい。
一方、ビス留め作業は他の作業者も存在する環境で広範囲に渡り行うため、自動化するには安全確保と移動を容易にできることが必要だが、既存の産業用ロボットではそれらの実現が難しい。

 

天井へのビス留め作業の身体負荷が高い

 

ソリューション 人協働ロボットが高負荷作業を代替

人協働ロボットMOTOMAN-HCシリーズが作業者に代わり、ビス留め作業を実施します。壁面や、作業者の負荷の高い天井へのビス留め作業が自動化され、身体への負荷による労働災害の発生を防ぐことができます。
安全機能により安全柵なし* で運用できるため、他の作業者がいる環境でも台車などに搭載して広範囲を自由に移動させることができます。

 

人協働ロボットが高負荷作業を代替

 

* HC シリーズは安全機能により安全柵なしのシステム構築が可能ですが、すべてのケースにおいてリスクアセスメントを実施する必要があります。

適用製品

分類

製品 ロボット
テーマ 人協働
業界 建設・住宅
アプリケーション 組立

一覧に戻る

PAGE TOP

Facebook Twitter Youtube