用途・事例 一覧に戻る

段ボール箱の安定したパレタイズ

単純作業の繰り返しである段ボール箱の積載(パレタイズ)を人協働ロボットが行い、作業者の負担を減らします。作業スペースのレイアウト変更は不要です。


課題 負荷の高い繰り返し作業を自動化したい

段ボール箱の積載(パレタイズ)作業は、定型・単純作業の繰り返しで作業者の身体負荷が高い。また、作業者によっては積み方が安定せず、荷崩れを起こしてしまう。
改善のためにロボットの導入を検討したが、安全柵の設置により作業工程・レイアウトを大きく変える手間が生じるため、自動化に踏み切れない。

 

負担が高い繰り返し作業を自動化したい

 

ソリューション 人協働ロボットで安定したパレタイズを実施

人協働ロボットMOTOMAN-HCシリーズが、人に替わり負荷の高いパレタイズ作業を行います。ロボットは一定の積み方を正確に繰り返すことができるため、積み方がばらつかず荷崩れを防ぐことができます。
安全柵なし* で導入できるため、工程やレイアウトを大きく変更することなく既存のスペースに適用できます。

 

人協働ロボットで荷崩れを防止

 

* HC シリーズは安全機能により安全柵なしのシステム構築が可能ですが、すべてのケースにおいてリスクアセスメントを実施する必要があります。

適用製品

分類

製品 ロボット
テーマ 人協働、高品質化
業界 自動車・自動車部品、食品、金属加工、電気・電子
アプリケーション 搬送

一覧に戻る

PAGE TOP

Facebook Twitter Youtube