用途・事例一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

位置決めの簡略化

位置決め機能(INDEXER機能)を内蔵したΣ-7SサーボパックFT79を用い、モーションコントローラを使わずに位置や速度などの動作パターンを設定するだけで、簡単にモーション制御を実現できます。

ソリューションモーションコントローラなしで、高精度・高速位置決めが構築可能!

動作パターンの設定は、プログラムテーブルに位置・速度データなどを入力するだけです。エンジニアリングツールSigmaWin+の活用で、簡単かつ効率的に、動作パターンの設定・編集ができます。モーションコントローラは使いません。

※位置決めに便利な機能(ZONE信号出力、JOG速度テーブル運転、原点復帰など)も搭載しています。

※上位コントローラからスタート指令を受け取り、位置決め運転を開始します。

プログラムテーブル設定例

PGMSTEP POS SPD RDST RSPD ACC DEC EVENT EVENT NEXT
0 I+400000 2000 500000 1000 200 100 T5000 1 1
1 I+100000 1000 200000 2000 100 50 IT0 1 END
n I+400000 2000 500000 1000 100 50 IT100 1 n+1
n+1 I+100000 1000 200000 2000 NT0 1 END
254 I+400000 2000 500000 1000 100 50 SEL3T200 1 127
255 I+100000 1000 200000 2000 100 50 DT0 1 END

POS/SPD/ACC/DEC命令

目標位置、位置決め速度、加速度、減速度の設定により動作パターンを作成します。

RDST/RSPD命令

外部信号による位置決め(レジストレーション)が可能です。

EVENT命令

プログラムステップの完了を判定する条件を設定します。

 

さらに拡張した位置決め機能が必要な場合は、Σー7サーボパックINDEXER機能搭載形を適用ください。Σ-7SにINDEXERモジュールを付けた場合との違いは、以下の比較表をご覧ください。

 

比較表

高精度位置決め&省スペース化の用途に最適!

  • Point to Point 位置決め

  • 定点位置決め

  • ステーション位置決め(割り出し)

  • 定寸送り

関連製品

分類

業界

自動車・自動車部品、液晶製造、金属加工、搬送装置、射出・成形、半導体製造、電気・電子、食品

アプリケーション

金属加工、組立、仕分け・梱包、搬送、検査・検出

テーマ

システム簡略化

製品

サーボ

一覧に戻る