用途・事例一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

停電対応用発電機の容量を約50%削減

停電対応用発電機の容量を約50%削減

安川マトリクスコンバータU1000 で高調波電流による影響を抑え、発電機の容量を削減します。

用途:高調波対策、発電機( 病院・データセンタ・公共施設など)


課題発電機の容量が大きく、スペースを取られている

病院、データセンタ、公共施設などでは様々な精密機器を設置しており、24 時間稼働が必要。停電対応のために発電機を設置しているが、発電機の容量が大きくスペースを取られている。

ソリューションマトリクスコンバータにより発電機容量を約50%削減

インバータの代わりに安川マトリクスコンバータU1000 を導入することで、高調波電流の発生を限りなく抑えることができます。U1000 は高調波電流による過熱を抑え、また力率も高いため、発電機容量を約50%削減することが可能です。これにより、電機設備スペースを有効利用できます。

改善効果
  • ●汎用インバータに比べて、機器の誤動作原因となる高調波含有率を5%以下に抑え、発電機容量を約50% 削減

関連製品

分類

業界

医療・医薬、冷暖房空調設備

アプリケーション

搬送、検査・検出、空調、ファン・ポンプ

テーマ

小型化・軽量化、システム簡略化

製品

インバータ

一覧に戻る