用途・事例一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

搬送機の位置決めに必要な周辺機器を削減し、コストダウン

安川インバータの簡易位置決め機能を使用することで、位置制御に必要なPLCやセンサを削減し、システムのコストダウンに貢献します。

課題搬送機の位置決めシステムにコストがかかっている

サーボドライブとPG付きモータ、PLCと近接センサを使用して搬送機の位置決めを行う設計にしているが、周辺機器を含めたシステムコストが気になっている。位置決め機能は維持したまま、周辺機器を削減できないか。

 

搬送機の位置決めシステムにコストがかかっている

 

ソリューションインバータの簡易位置決め機能により、周辺機器を削減しコストダウン

PGレスIPMモータと、その簡易位置決めができる安川インバータGA500*を使用します。GA500はIPMモータの磁極位置を確実に検出し利用することで、インバータだけで位置決めが可能です。そのため、停止位置制御用として設置していたPLCや近接センサを削減でき、大きなコストメリットを生むことができます。

*ビジュアルプログラミングツールDriveWorksEZでインバータのカスタマイズが必要です。

 

また、モータのPGレス化により関連する周辺機器も削減でき、さらなるコストダウンが可能です。

 

インバータの簡易位置決め機能により、周辺機器を削減しコストダウン

関連製品

分類

業界

搬送装置

アプリケーション

搬送

テーマ

システム簡略化

製品

インバータ

一覧に戻る

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP