用途・事例一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

サーボをΣ-Xに置き換えるだけで、加工精度&品質がアップ

ACサーボドライブΣ-Xシリーズの出力トルク補償機能は、モータの温度変化やモータ特性の個体ごとのバラツキなどが原因で起こる出力トルクの低下を補正し、同一トルク指令での出力トルクを均一に保つことができます。そのため、サーボをΣ-Xに置き換えるだけで装置の制御精度が向上し、加工精度や品質向上につながります。

課題モータの温度変化などにより装置のプレス圧が変化し、加工品質のバラツキが大きい

モータのトルク精度が求められる射出成形機やプレス加工機などの装置で、同一トルク指令であるにもかかわらず、モータの温度が上がることで出力トルクが低下したり、個体ごとにモータ特性のバラツキがあるために出力トルクにバラツキがあったりする。それによってプレス圧が弱くなり、加圧時の力が不均一になるために加工精度が安定せず、品質のバラツキが大きくなり困っている。

 

モータの温度変化などにより装置のプレス圧が変化し、加工品質のバラツキが大きい

 

ソリューションサーボが自動補正することで、装置のプレス圧が均一になり加工品質が向上

Σ-Xには出力トルク補償機能が標準搭載されており、サーボパックがモータ特性や稼働中のモータ温度変化に応じてモータの出力トルクを自動補正します。すなわち、同一トルク指令での出力トルクを均一に保ちます。そのため、圧力コントロールが必要なモータが多い射出成形機のような装置でも、より正確な加圧力を実現することができるので、加工精度が安定し、品質が向上します。

 

サーボが自動補正することで、装置のプレス圧が均一になり加工品質が向上

 

関連製品

分類

業界

自動車・自動車部品、液晶製造、金属加工、射出・成形、半導体製造、電気・電子

アプリケーション

金属加工、組立、成形

テーマ

電動化、高品質化、高精度化、生産性向上、信頼性向上、システム簡略化

製品

サーボ

一覧に戻る

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP