用途・事例一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

位置ずれやギャップがあるワークへのレーザー溶接を実現

小型ガルバノスキャナーヘッドを活用したウォブリング溶接により、従来対応が難しかった位置ずれやギャップがあるワークへのレーザー溶接を実現します。


課題位置ずれやギャップがあるワークにレーザー溶接を適用したい

ロボットによるレーザー溶接を行いたいが、ワークには位置ずれやギャップがある。従来こうしたワークへの対応は難しいとされてきたが、安定した溶接品質を実現できるシステムはあるだろうか?

 

位置ずれやギャップがあるワークにレーザー溶接を適用したい

 

ソリューションウォブリング溶接で裕度の高いレーザー溶接を実現

ロボットにレーザー溶接パッケージMOTOPAC-RL2Dシリーズを搭載することで、位置ずれやギャップのあるワークへのレーザー溶接を実現します。
小型ガルバノスキャナーヘッドに円や線などのパターンを高速で描かせながらロボットを動作させる「ウォブリング溶接」を行うことで、太くきれいなビードを形成できます。
これにより、位置ずれやギャップに対して裕度の高い溶接が実現でき、安定した溶接品質と生産性向上に貢献します。

 

ウォブリング溶接で裕度の高いレーザー溶接を実現

 

▸【実演動画】小型ガルバノスキャナーヘッドによるレーザー溶接の実演を見る(2018国際ウエルディングショー)

 

関連製品

分類

業界

自動車・自動車部品、金属加工

アプリケーション

金属加工、レーザー加工

テーマ

高品質化、生産性向上

製品

ロボット

一覧に戻る

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP