モーションコントロールスクール

コース・開催日程のご紹介

一部のコースは限られた会場での開催となっております。
また、受講条件などもございますので各コースの詳細情報をご確認のうえ、お申し込みください。

新型コロナウイルスの感染予防対策のため、定員数を制限しています。
ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

■コロナ禍において安全にスクール開催を実施できるようMP3000シリーズ(保守)コースにおいてリモートスクールを追加開催いたします。
※集合研修も従来通り実施しています」

すべての項目を開く

インバータ

インバータドライブの具体的な内容のご確認等は下記にご相談ください。
インバータ事業部 TEL:(0930)25-2548

インバータ基礎 (コースNo.A2)

このコースは、安川インバータをより広く応用していただくことを目的としています。
インバータの動作原理から、技術用語の解説、モータ及びインバータの選定、インバータ適用時の留意点まで、実習を交えて基礎から応用技術まで習得していただきます。

  • ・機械設備の設計などを担当される方
  • ・インバータ入門程度の知識をお持ちの方

会場 定員 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
埼玉 4 - 7(水)
8(木)
- - 13(水)
14(木)
- - - -
大阪 4 - - 18(水)
19(木)
- - - 8(水)
9(木)
- -
福岡 4 17(木)
18(金)
- - - - 11(木)
12(金)
- - -

※日数 2日間 : 受講料 15,000円

インバータフリープラン (コースNo.A4)

このコースは、アプリケーション別によるお困りごと及びご要望に対して、ご満足いただけるようにトレーニングします。

  • ・機械設備の設計・保守などを担当される方
  • ・インバータ入門程度の知識をお持ちの方
会場 定員 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
埼玉 4 随時
大阪 4 随時
福岡 4 随時

※日数 1日間 : 受講料 10,000円、日数 2日間 : 受講料 15,000円(同じ内容を2日間連続の場合)
※DriveWorksEZ Proは別料金です。
※ご要望に応じ、講師・機材・教室を調整し開催いたしますので、別途ご相談ください。

PAGE TOP

サーボ

サーボドライブ基礎 (コースNo.B2)

このコースは、最新のサーボドライブをより広く応用していただくことを目的としています。
電気サーボの動作原理から技術用語の解説、サーボ適用時の留意点まで、Σ-7シリーズとサポートツール(SigmaWin+)による実習を交えて基礎から応用技術まで習得していただきます。

  • ・機械システムの設計などを担当される方
  • ・電気基礎知識をお持ちの方

当社e-ラーニング(サーボ)で事前に学習いただきますと、よりご理解いただけます。


カリキュラム概要

時間 1日目 2日目
午前
10:00~12:00
1. サーボドライブの基礎
  • サーボの構成
  • 上位コントローラとのインターフェイス
  • サーボモータと機械の伝達機構
3. サーボシステムの性能評価
  • サーボの応答
  • サーボの応答確認実習
  • 各ゲインの関係
    (講義および実習)
午後
13:00~17:00
2. パラメータの設定と製品操作
  • パラメータの概要と実習機
  • パラメータの設定
    (講義および実習)
4. 調整(チューニング)
  • サーボ調整について
  • サーボ調整の実習
    (講義および実習)
質疑応答

会場 定員 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
埼玉 4 2(水)
3(木)
6(火)
7(水)
- 7(火)
8(水)
5(火)
6(水)
1(月)
2(火)
1(水)
2(木)
12(水)
13(木)
1(火)
2(水)
愛知 4 - 14(水)
15(木)
- - 13(水)
14(木)
- - 18(火)
19(水)
-
大阪 4 10(木)
11(金)
14(水)
15(木)
5(木)
6(金)
14(火)
15(水)
19(火)
20(水)
16(火)
17(水)
15(水)
16(木)
25(火)
26(水)
-
福岡 4 - 20(火)
21(水)
- - 26(火)
27(水)
- - - 14(月)
15(火)

※日数 2日間 : 受講料 15,000円

コントローラ

コントローラには3つのコースがあります。

MP3000シリーズ設計基礎コース(コースNo.C12)

このコースは、はじめてMP3000シリーズのプログラミングを行う方に、モーション制御のプログラミングの基礎を習得いただくことを目的としています。
MPE720の基本操作、MP3300の立ち上げ手順、モーション制御のプログラムについて、実習機を使ってトレーニングします。

  • ・はじめてMPコントローラのラダープログラム/モーションプログラムを設計される方
  • ・MPコントローラのプログラミングについて知りたい方
    ※PLCなどのコントローラ、サーボドライブの基礎知識のある方

当社e-ラーニング(コントローラ)で事前に学習いただきますと、よりご理解いただけます。


カリキュラム概要

時間 1日目 2日目
午前
10:00~12:00
  1. スタートアップ
    ・コントローラのセットアップ
    ・パラメータの設定
    ・テスト運転
    ・ユーザープログラム
    ・サンプルプログラムの運転
    ほか
  2. MP3300のモジュール構成
    ・MP3300の基本構成
    ほか
  3. データ管理
    ・プロジェクトファイル
    ・オフライン編集とオンライン編集
    ・プロジェクトファイルの転送
    ほか
  4. システム構成情報の設定
    ・セルフコンフィグレーション
    ・モジュールの詳細定義
    ・システム構成情報の手動設定
    ほか
  1. ラダープログラムによるモーション制御
    ・モーションコマンド
    ・位置制御(位置決め)
    ・プログラムの作成とデバッグ
午後
13:00~17:00
  1. ラダープログラム
    ・図面とスキャン
    ・レジスタ
    ・図面の新規作成
    ・プログラミング(編集操作)
    ・特長的な命令
  2. モーション制御
    ・モーション制御とは
    ・モーションパラメータ
      固定パラメータ
      設定パラメータ
      モニタパラメータ
    ・サーボパラメータ
  1. モーションプログラムによるモーション制御
    ・モーションプログラムの特長
    ・モーションプログラムの起動
    ・プログラムの新規作成
    ・プログラミング(編集操作)
    ・主なモーション言語命令
      位置決め、直線補間 ほか
  2. 応用機能の紹介
    ・ロギング
    ・調整パネル
    ・セキュリティ
    ・メンテナンスモニタ

※内容、時間配分は、講義の都合で変更する場合があります。


会場 定員 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
埼玉 4 8(火)
9(水)
13(火)
14(水)
- 14(火)
15(水)
12(水)
13(木)
9(火)
10(水)
7(火)
8(水)
18(火)
19(水)
8(火)
9(水)
愛知 4 22(火)
23(水)
27(火)
28(水)
17(火)
18(水)
28(火)
29(水)
19(水)
20(木)
16(火)
17(水)
13(月)
14(火)
25(火)
26(水)
-
大阪 4 1(火)
2(水)
6(火)
7(水)
3(火)
4(水)
14(火)
15(水)
5(火)
6(水)
9(火)
10(水)
7(火)
8(水)
12(水)
13(木)
-
福岡 4 - - 8/31(火)
9/1(水)
- 5(火)
6(水)
- - - 8(火)
9(水)

※日数 2日間 : 受講料 15,000円

MP3000シリーズ設計応用コース(コースNo.C13)

このコースは、装置のアプリケーション設計でMP3000シリーズをさらに使いこなしていただくことを目的としています。
無限長の位置決め、位置決め以外のモーション制御など、より高度な使い方について実習機を使ってトレーニングします。
「設計基礎コース(コースNo.C12)」との連続受講をお勧めします。

  • ・C12「MP3000 シリーズ設計基礎コース」を修了された方
  • ・MPコントローラを使った装置のアプリケーション(ラダープログラム/モーションプログラム)の設計をされる方

当社e-ラーニング(コントローラ)で事前に学習いただきますと、よりご理解いただけます。


カリキュラム概要

時間 1日目
午前
10:00~12:00
  1. ラダープログラムによるモーション制御
    ・無限長軸の位置決め
    ・モーション制御
      補間
      原点復帰
      速度制御、トルク制御、
      位相制御(電子カム、電子シャフト)
午後
13:00~17:00
  1. ラダープログラムによるモーション制御(続き)
    ・絶対値エンコーダのセットアップ
  2. モーションプログラムによるモーション制御
    ・機械座標系とワーク座標系
    ・移動系命令と関連機能
      移動系命令の完了チェック
      補間命令のつなぎ処理
      円弧補間、ヘリカル補間
      時間指定位置決め
      外部位置決め、スキップ機能付き補間
    ・プログラム実行制御
      条件分岐、繰り返し
      並列実行、選択実行
  3. 応用機能
    ・仮想軸
    ・モード切替
    ・ロギング機能

※内容、時間配分は、講義の都合で変更する場合があります。


会場 定員 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
埼玉 4 10(木) 15(木) - 16(木) 14(金) 11(木) 9(木) 20(木) 10(木)
愛知 4 24(木) 29(木) 19(木) 30(木) 21(金) 18(木) 15(水) 27(木) -
大阪 4 3(木) 8(木) 5(木) 16(木) 7(木) 11(木) 9(木) 14(金) -
福岡 4 - - - 2(木) 7(木) - - - 10(木)

※日数 1日間 : 受講料 10,000円

MP3000シリーズ保守コース(コースNo.C20)

このコースは、保守担当の方に MP3000シリーズの基本的なトラブルシュート作業を習得いただくことを目的としています。
MPE720の基本操作、MP3000シリーズのモーション制御のしくみ、各モジュールの交換手順など、トラブルシュートに必要な作業について実習機を使ってトレーニングします。

  • ・MPコントローラを使った機械システムの保守を担当される方
    ※PLCなどのコントローラ、サーボドライブの基礎知識をお持ちの方
  • 「リモートスクール開催にあたり実施環境は下記になります。(参考例)

  • インターネット回線(一般的TV会議が出来るレベルの速度)
  • Windows8,10のPC 受講者人数+1台(Intel Corei5以上、内蔵カメラ付き、マイクスピーカー付き)
  • Webexアプリケーションインストール
    https://www.webex.com/ja/index.htmlからダウンロード)など」

当社e-ラーニング(コントローラ)で事前に学習いただきますと、よりご理解いただけます。

カリキュラム概要

時間 1日目 2日目
午前
10:00~12:00
1.  MP3000シリーズの概要
2.  エンジニアリングツール
MPE720の概要とオンライン接続
3.  プログラムを理解する
(実習機 MP3300+Σ-7S M-Ⅲ)
  • 軸のモニタについて
  • モジュール構成定義について
4.  MP3300のモジュール交換と立上げ
  • データバックアップ
  • モジュール交換
  • 動作確認
5.  Σ-7サーボドライブの交換と立上げ
  • SigamWin+ Ver.7について
  • パラメータのバックアップ
  • サーボ調整
午後
13:00~17:00
3.
  • プログラミング方式について
    - 演習問題(簡単なラダー編集)
  • モーションパラメータについて
  • データの管理について
6.  演習
  • MP3300故障を想定した交換
  • トラブルシュート
    - クロスリファレンスの活用
    - しおり機能の活用
    - トレース機能
  • 質疑応答

会場 定員 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
埼玉 4 29(火)
30(水)
- - - - 15(月)
16(火)
- - -
愛知 4 16(水)
17(木)
5(月)
6(火)
- 15(水)
16(木)
6(木)
7(金)
1(月)
2(火)
- 12(水)
13(木)
-
大阪 4 - 27(火)
28(水)
- - 11(火)
12(水)
- 21(火)
22(水)
- -
福岡 4 - 8(木)
9(金)
- - - - - 18(火)
19(水)
-
リモート開催 4 - 20(火)
21(水)
- 28(火)
29(水)
- 29(月)
30(火)
- 25(火)
26(水)
-

※(日数 2日間 : 受講料 15,000円)

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP