CP-317M

特長

高性能

32ビット高速プロセッサと高速大容量メモリを採用し演算性能は従来製品の約2倍に高速化。
将来的なアプリケーションの高度化によるスキャン処理時間増加にも対応できます。

信頼性

大容量FPGAを採用し、自己診断能力を向上しています。さらに、ECC機能付きバッテリバックアップメモリを採用し、高い信頼性を実現しています。
また、高速化に伴う発熱に対しても設計の最適化を行い、冷却ファンを必要としない自然空冷で使用できます。

従来製品との互換性

CP-317Mは、ソフトウェア、外形寸法、バスインタフェース仕様・機能など、すべてCP-317と互換性を持っています。
オプションモジュールもすべて使用可能であり、演算モジュール(CPU)を置き換えるだけで既存システムを使用でき、ソフトウェア資産を継承可能です。

拡張性・柔軟性

CPUは2種類(シングルCPU、マルチCPU)の構成が可能です。マウントベースもショートとロングを準備しており、
設備の規模や目的に応じてプログラムメモリ・データメモリが最適なシステムを構築することができます。
PROFIBUS-DP、FL-Net、DeviceNetなどの各種オープンネットワークに対応し、柔軟なシステム構成が可能です。

関連情報メニュー

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP