よくあるご質問

FAQ一覧へ戻る

ご質問

No.
FAQ-00853

出力側にACL(ACリアクトル)を入れる目的を教えてください。

回答

スイッチング素子としてバイポーラトランジスタを使用していた時代のインバータは、キャリア周波数が2kHz程度でした。このためモータからの騒音が大きく、それを軽減するためにACLを出力に入れることがありました。
最近ではスイッチング素子としてIGBTを使用しているので、キャリア周波数を高く出来ます。これによりモータからの騒音を少なく出来るため、ACLを入れる機会が少なくなっています。なお、サージの抑制にもいくらか効果があります。

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP