よくあるご質問

FAQ一覧へ戻る

ご質問

No.
FAQ-30483

サーボパックパラメータをMP2000から書き換える方法をおしえてください。

回答

MP2000ではコントローラからサーボパックのパラメータの書き込みができます。
サーボパラメータ画面からの変更のほか、設定パラメータからも変更できます。
1)サーボパックのゲインはMP2000の設定パラメータを使用して書き換えができます。
「サーボユーザ定数自動書き込み機能(固定パラメータ1:機能選択フラグ1、BitA)」を有効(デフォルト)にします。
下記のサーボゲイン関係の設定パラメータを「自動反映パラメータ」と言います。(設定パラメータ画面で黄色表示されます。)
自動反映パラメータを画面操作またはラダー図面から変更するとサーボパックパラメータに自動反映され有効となります。

・位置決め完了幅(注):OLxx1E /Pn522
・位置ループゲイン:OWxx2E /Pn102
・速度フィードフォワード補償:OWxx30 /Pn109
・位置ループ積分時定数:OWxx32 /Pn11f
・速度ループ積分時定数:OWxx34 /Pn101
・加速度/加速時定数:OLxx36 /Pn836
・減速度/減速時定数OLxx38 /Pn583c
・フィルタ時定数:OWxx3A /Pn811,Pn812

2)上記の「自動反映パラメータ」は、下記の条件でサーボパックのパラメータ(RAM)を書き換えます。
・MECHATROLINKの通信確立(電源投入またはMECHATROLINKリセット時)
したがってオートチューニングなど、サーボパック側でこれらのパラメータを変更した場合は「自動反映パラメータ」にその値を反映しておく必要があります。
反映をしないと、チューニング結果は設定パラメータの値で上書きされて消去されます。
操作:サーボの名称欄を右クリック → 「自動反映パラメータ更新(サーボ→コントローラ)」を選択

注)位置決め完了幅の単位は設定パラメータは指令単位ですが、サーボパックパラメータに反映される場合はパルス数に変換されて書き込まれます。

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP