よくあるご質問FAQ一覧へ戻る

ご質問

No.
FAQ-20226

アラーム番号 A.860

エンコーダオーバヒートの解除方法を教えてください。

回答

対象機種:Σ-7(MECHATROLINK-III)

エンコーダオーバヒート(回転形サーボモータ,絶対値リニアエンコーダ,及びダイレクトドライブサーボモータ接続時に検出。ただし,SGMCSモデル インクリメンタルエンコーダ仕様は除く・エンコーダ側で検出)が発生しています。
対象方法は、下表を参照ください。
 
原因 確認方法 対処方法
サーボモータの周囲温度が高過ぎる サーボモータの周囲温度を測定する。 サーボモータの周囲温度を40°C以下にする。
サーボモータの負荷が定格以上で運転されている 累積負荷率で負荷を確認する。 サーボモータの負荷を定格以内にして運転する。
エンコーダの故障 - サーボパックの電源を再投入する。それでもアラームとなる場合,サーボモータまたは絶対値リニアエンコーダ故障の可能性あり。サーボモータまたは絶対値リニアエンコーダを交換する。
サーボパックの故障 - サーボパックの電源を再投入する。それでもアラームとなる場合,サーボパック故障の可能性あり。サーボパックを交換する。