用途・事例 一覧に戻る

組立作業中の姿勢変更による身体的負荷の軽減

組立作業時のワークの位置や向きの変更を人協働ロボットが行い、作業者の姿勢を変えることなく組立作業ができるようにすることで、作業者の身体的負荷を軽減します。


課題 頻繁な姿勢変更による作業者の身体的負荷が大きい

組立作業において、ワークに対して作業者が頻繁に姿勢を変更(上や横から覗き込む、しゃがむ、など)する必要があり、作業者の身体への負荷が高くなっている。
一方、ケーブルをうまく捌きながら配線をするといった対応力が求められる状況などもあり、人でなければ作業が成り立たないという現状がある。
そのため組立作業自体を自動化するのは難しいが、その中でもうまく作業者の負担を減らす方法がないかを検討している。

 

頻繁な姿勢変更による作業者の身体的負荷が大きい

 

ソリューション 人協働ロボットでワークの位置や向きを変更

人協働ロボットMOTOMAN-HCシリーズが、人に合わせてワークの位置や向きの変更を行い、作業者の身体的負荷を軽減します。作業者が姿勢を変えることなく作業できる位置に人協働ロボットがワークを移動させ、組立作業をサポートします。
また、人協働ロボットは安全柵が不要*のため、工程やレイアウトを大きく変更することなく既存のスペースに適用が可能です。

 

人協働ロボットでワークの位置や向きを変更

 

*HC シリーズは安全機能により安全柵なしのシステム構築が可能ですが、すべてのケースにおいてリスクアセスメントを実施する必要があります。

 

▼人協働ロボットの詳しい機能や工場への導入事例、お問い合わせはこちらから!▼

人協働ロボットのすべてが分かる!

 

適用製品

分類

製品 ロボット
テーマ 生産性向上、高効率化、人協働
業界 自動車・自動車部品、電気・電子
アプリケーション 組立

一覧に戻る

YoutubeYouTube 【安川電機】e-メカサイトチャンネル

PAGE TOP