用途・事例 一覧に戻る

ねじ・ボルト締め作業を自動化

繰り返し作業である、ねじ・ボルト締め作業を人協働ロボットで自動化します。既存のスペースに導入でき、人による作業ミスをなくします。


課題繰り返しの単純作業でミスが発生する

ねじ・ボルトを締める作業は手順が定型で繰り返しの単純作業である。人手による作業では、締め忘れや締め付けミス、締め付けトルクのばらつきなどの問題が起きる。自動化によりこれらを解決したいが、一般的なロボットでは安全柵による隔離と安全柵を設置するスペースの確保が必要となり、工程やレイアウトの変更が発生する。できるだけ現状の工程やレイアウトを変えずに、既存のスペースのまま自動化したい。

 

 

繰り返しの単純作業でミスが発生するイメージ

 

 

ソリューション人協働ロボットで作業を自動化

人協働ロボットMOTOMAN-HCシリーズを導入することで、ねじ・ボルト締め作業を自動化することができます。安全柵なしで作業者のすぐ隣でロボットが作業できるため、作業者が仮締めやワークの準備を行い、ロボットがねじ・ボルト締め作業を繰り返すなどの使い方ができます。
また、設置スペースが小さいため、もし設備にトラブルが発生した場合でも、人が交代して作業を継続させるフレキシブルな対応が可能です。

 

 

人協働ロボットで作業を自動化イメージ

 

人協働ロボットHCシリーズは、安全機能により安全柵なしでのシステム構築が可能ですが、全てのケースにおいてリスクアセスメントが必要です。

 

適用製品

分類

製品 ロボット
テーマ 高品質化、生産性向上、システム簡略化、人協働
業界 自動車・自動車部品、電気・電子
アプリケーション 組立

一覧に戻る

PAGE TOP

Facebook Twitter Youtube