塗装

専用ツール

ワークの種類に応じて最適な塗装ができるように、次の手首構造のロボットを準備しています。

  • 中空形(H形)
    手首内に塗装ガン用のホース類を収納できるように中空になっています。 ケーブルとワークとの干渉が無いため、狭い場所に進入して塗装するような作業に適しています。 また、手首部の内部と外部にテフロン加工を施し、内蔵チューブ類の保護や塗料による外面の汚れを軽減します。 スリムアームと組み合わせた機種では、ワークとの干渉が少なく、狭い箇所へ手首が入るため、自動車の内板塗装に適しています。

中空スリムアーム イメージ図

  • レンマ形(L形)
    手首構造が直交方式で手首先端部はマニピュレータ中心線よりオフセットされています。 ロボット正面に特異点が無いため、ロボット前面での塗装、広い平面の塗装、コンベア同期でのティーチングがより容易です。

中空形

レンマ形

EPXシリーズ 塗装ロボットと手首構造、MOTOFEEDER対応
MOTOMAN- 手首構造 MOTOFEEDER
対応機種
備考
中空形
(H形)
レンマ形
(L形)
EPX1250 - - 手首構造は汎用6軸垂直多関節形と同じ直交形
EPX2050 スリムアーム形
EPX2700 - - 壁掛け形
EPX2750 - -  
EPX2800 - - スリムアーム形
EPX2800R - - 棚置き形、スリムアーム形
EPX2900 - -  
レンマ形手首仕様のみMOTOFEEDERに対応