補助金・税制優遇情報

製品導入に役立つ補助金・税制優遇情報、法律


法律名称 施行開始日 外部リンク
生産性向上特別措置法
概要を見る
2018年6月6日に「生産性向上特別措置法案」が施行されました。
世界に先駆けて「生産性革命」を実現させるべく、政府は、昨年12月に「新しい経済政策パッケージ」を取りまとめました。この中で、2020年までを「生産性革命・集中投資期間」として、あらゆる政策を総動員することとしていることを受け、生産性向上特別措置法により、我が国産業の生産性を短期間に向上させるために必要な支援措置を講じます。
2018年6月6日 経済産業省







公募名称 公募開始日 公募終了日 審査・採択予定日 実施機関

※公募は終了しました

ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金
概要を見る
本事業は、中小企業・小規模事業者が連携して取り組む、生産性向上や地域経済への波及効果拡大に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。
2019年4月23日 2019年6月24日
当日消印有効

8月中予定

経済産業省
中小企業庁
全国中小企業団体中央会

※公募は終了しました

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金
概要を見る
本事業は、中小企業・小規模事業者が行う革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善のための設備投資等の一部を補助する事業の、事業者を支援するものです。
2019年2月18日 一次締切:
2019年2月23日
最終締切:
2019年5月8日

第一次締切分:
3月中
第二次締切分:
6月中

経済産業省
中小企業庁
全国中小企業団体中央会

※終了しました

生産性向上特別措置法に基づくデータ活用支援施策による
革新的データ産業活用計画の認定制度の創設(IoT税制)について
概要を見る
産業競争力強化や社会課題解決に向けたデータ利活用を促進するため、生産性向上特別措置法において、データの収集・活用等を行う民間事業者の取組を支援するための措置を実施します。その1つとして、事業者のデータ利活用に向けた取組(「革新的データ産業活用」)の計画を認定し、そうした取組に必要となるシステムやセンサー・ロボット等の導入に対するIoT設備投資への減税措置や、金融上の支援を講じます。
2018年6月6日 2021年3月31日

-

経済産業省

※終了しました

生産性向上特別措置法による
中小企業向け税制優遇情報
概要を見る
今通常国会(第196回)に提出される「生産性向上特別措置法案」では、平成32年度までを集中投資期間と位置づけ、中小企業、小規模事業者等が先端設備を導入し生産性向上を図る後押しをするため、市町村の認定を受けた中小企業を支援する税制優遇策。
2018年6月6日 2021年3月31日

-

経済産業省
中小企業庁

※終了しました

中小企業等経営強化法
対象製品:単体で160万円以上の製品・装置
概要を見る
中小企業・小規模事業者・中堅企業等を対象に、取得する新規の機械装置について一定の要件を満たした場合、3年間 固定資産税を1/2に軽減できます。
2017年4月1日 2021年3月31日

-

経済産業省
中小企業庁

法律情報

生産性向上特別措置法の施行について

2018年6月6日に「生産性向上特別措置法案」が施行されました。

世界に先駆けて「生産性革命」を実現させるべく、政府は、昨年12月に「新しい経済政策パッケージ」を取りまとめました。

この中で、2020年までを「生産性革命・集中投資期間」として、あらゆる政策を総動員することとしていることを受け、生産性向上特別措置法により、我が国産業の生産性を短期間に向上させるために必要な支援措置を講じます。

<法律の概要>

  • プロジェクト型「規制のサンドボックス」制度の創設
  • データの共有・連携のためのIoT投資の減税等
  • 中小企業の生産性向上のための設備投資の促進

法律の詳細については、経済産業省ホームページをご確認ください。

補助金情報

平成31年度 ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金

※「平成30年度補正 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」とは異なり、複数で連携して取り組む事業が対象ですので、ご注意ください。

ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金

概要

本事業は、中小企業・小規模事業者が連携して取り組む、生産性向上や地域経済への波及効果拡大に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

公募に関する詳細

公募詳細については、中小企業庁ホームページをご確認ください。

平成30年度補正 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

概要

本事業は、中小企業・小規模事業者が行う革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善のための設備投資等の一部を補助する事業の、事業者を支援するものです。

公募に関する詳細

公募詳細については、中小企業庁ホームページをご確認ください。

税制優遇詳細情報

生産性向上特別措置法に基づくデータ活用支援施策による
革新的データ産業活用計画の認定制度の創設(IoT税制)について

IoT税制

概要

産業競争力強化や社会課題解決に向けたデータ利活用を促進するため、生産性向上特別措置法において、データの収集・活用等を行う民間事業者の取組を支援するための措置を実施します。

その1つとして、事業者のデータ利活用に向けた取組(「革新的データ産業活用」)の計画を認定し、そうした取組に必要となるシステムやセンサー・ロボット等の導入に対するIoT設備投資への減税措置や、金融上の支援を講じます。

公募に関する詳細

公募詳細については、経済産業省ホームページをご確認ください。

生産性向上特別措置法による中小企業向け税制優遇情報

生産性向上特別措置法による中小企業向け税制優遇情報

概要

今通常国会(第196回)に提出される「生産性向上特別措置法案」では、平成32年度までを集中投資期間と位置づけ、中小企業、小規模事業者等が先端設備を導入し生産性向上を図る後押しをするため、市町村の認定を受けた中小企業を支援する税制優遇策。

公募に関する詳細

公募詳細については、中小企業庁ホームページをご確認ください。

「中小企業等経営強化法」:太陽光発電の例

メイン画像

概要

中小企業経営強化税制は、中小企業の稼ぐ力を向上させる取組を支援するため、中小企業等経営強化法による認定を受けた計画に基づく設備投資について、即時償却及び税額控除のいずれかの適用を認める措置として創設されました。
 中小企業・小規模事業者の生産性向上に向けた設備投資を後押しするため、働き方改革の実現に向けた取組みを支援する観点等も踏まえた税制措置です。

 この度、本税制優遇で即時償却を利用した企業は、利用しなかった企業と比してより多くの設備投資を行う傾向にあり、本税制措置は設備投資を促進する効果があると認められました。
 また、本税制措置を利用した企業からは、本税制措置を契機に導入した設備等を活用して労働生産性の向上や作業時間の短縮、売上の増大等が実現できたとの声があり、引き続き本税制措置が不可欠との判断で、2年間、適用期間が延長されました。

対象製品:単体で160万円以上の製品・装置 

制度に関する詳細:公募詳細については、中小企業庁ホームページをご確認ください。
※http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/index.html

太陽光発電用パワーコンディショナも適用可能です。

JEMAにて対応しておりますのでご確認ください。
http://jema-net.or.jp/Japanese/info/topics/koteishisan_shoumeisho/chusho_koteishisan.html
申請での不明点がございましたら販売店にお問い合わせください。