ロボットソリューション

機能(一部オプション)

塗装条件指定機能

塗装条件指定機能とは、塗装条件指示をシステム (使い方)に応じてフレキシブルに指定を行うことができる機能です。

  • ロボットプログラム (JOB)内のインストラクションから直接指示
    塗装機器への指令出力に対し、個々の条件を直接出力します。
  • 条件ファイル指示
    塗装条件 (吐出量、タービン、シェープ等)をファイル管理し、条件切り替えを1命令で実行します。
  • マクロ機能 (オプション)
    マクロ機能との組合せにより、固有の名称での命令作成や条件演算を加えての塗装条件出力が可能です。
塗装条件指定機能のメリット
  • 塗装条件管理や切り替えがフレキシブルに簡単にでき、塗装システム構築の多彩化に対応できます。

塗装機器直接制御機能

CCVやFGPなどの制御用電磁弁はもとより、これまで塗装制御盤から制御していた塗装機器類を、ロボットコントローラから直接制御を可能とする機能です。

  • 塗装制御盤等が不要となり、システム構築の容易化、省スペース化に寄与できます。
  • ロボットの動きに応じて塗装機器のバルブON/OFF制御、ポンプ用モータの速度制御やトルク制御を自在に一元制御できるので、塗料膜厚の均一化・安定化で塗装品質を向上できるとともに、塗料使用量を最適化できます。