FOOMA JAPAN 2019(国際食品工業展)

FOOMA JAPAN 2019国際食品工業展

会 期

2019年7月9日(火)~ 12日(金)

10:00~17:00

会 場

東京ビッグサイト
西展示棟1~4ホール・アトリウム・南展示棟1~4ホール

安川電機ブース

南展示棟4ホール
南4E-31

深刻な人手不足や、品質のバラツキ・異物混入など
「食」を取り巻く様々な課題に、
安川電機のロボットソリューションが変化をもたらします。

弊社のロボット技術を活用した各種デモ機の実演や
弊社が提唱するソリューションコンセプト
”i3-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)”の
ご紹介を通じて、皆様の課題解決に
是非お役立てください。

展示会のブースイメージ

主な展示内容

「食」の課題を変革するロボットソリューション

  • 出荷・箱詰め

    優れたクッション性で
    柔らかい野菜や果物を傷つけない

    超小型ロボットMotoMINIを使用した
    青果ハンドリング

    MotoMINIは、業界最小・最軽量クラスで、設備の省スペース化とレイアウトの自由化に貢献。また小型クラス最高加速度により、高密度配置内でも高速高精度な作業を実現します。

    ◆実演内容:トマト選果機システムでの箱詰めデモ
    省スペースで高速かつ繊細なタッチでトマトをハンドリングする様子をご覧いただけます。

  • 製造工程

    人手作業による
    バラツキや異物混入を低減

    人協働ロボットMOTOMAN-HC10DTを使用した
    デコレーション

    様々な製造現場で活躍中のMOTOMAN-HC10DTは、人手不足に悩む食品製造現場でも即戦力として活躍が期待できます。人手作業によるバラツキや異物混入の低減にも貢献します。

    ◆実演内容:液体物のデコレーションデモ
    人とロボットが同じスペースで働く際の安全性などをご体験いただけます。

  • 生産管理

    デジタルデータの活用で
    生産管理を効率化

    安川電機が掲げるデジタルデータソリューションコンセプト「i3-Mechatronics」と、生産現場の自動化を支えるメカトロ製品をご紹介します。

ブースのご案内

Coming Soon.
2019年7月初旬公開予定

安川電機ブースへのアクセス・事前登録

※2019年度は、昨年と会場が異なりますのでご注意ください。

新製品情報・展示会情報などを
メールでいち早くお届けします。

安川電機の製品情報・技術情報サイト e-mechatronics.com(e-メカサイト)