H.C.R. 2016

国際福祉機器展
会期 :  10月12日(水)~10月14日(金) 10:00~17:00
会場 :  東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1~6ホール
安川電機ブース:2-15-7(東2ホール)
主催者URL : http://www.hcr.or.jp/

最新の福祉機器の情報提供と福祉・介護・リハビリに関連する動向が紹介されるなかで、安川電機は2025年ビジョンに掲げているHumatronics事業領域に向けた研究・開発成果を紹介いたしました。当社はこれまで培ったロボット技術を生かし、先端的な医療・福祉機器市場の創造を目指しています。これらの機器・コンポーネントをCoCoroe(ココロエ)ブランドと名づけ、展開してまいります。

安川電機は2025年ビジョンに掲げているHumatronics事業領域に向けた研究・開発成果を紹介いたします。当社はこれまで培ったロボット技術を生かし、先端的な医療・福祉機器市場の創造を目指しています。
出展製品

下肢用リハビリ装置LR2

反復動作は持久力を備えた装置に任せ
理学療法士は心へ届くリハビリを追求。

下肢用リハビリ装置LR2

下肢用リハビリ装置LR2は、運動機能に障害を持つ方がベッドに寝たまま機能回復訓練を行うことができる装置です。本装置は患者の股・膝・足首の各関節を同時に、かつ長時間動作させることで、拘縮した関節の可動範囲の維持・拡大などが期待されます。

脊髄損傷者用歩行アシスト装置
ReWalk

「もう一度自分の脚で歩きたい!」
という希望を実現する歩行アシスト装置

脊髄損傷者用歩行アシスト装置ReWalk
  • 装着はストラップだけ。コミュニケータ(腕時計型端末)とクラッチ(補助杖)で自然な歩行を実現します。
  • 脊髄損傷によって下肢麻痺となり、車いすでの生活を余儀なくされている方の歩行を実現する装具です。
  • 家族や友人と同じ目線で会話ができ、自らの力で立って料理をしたり散歩をすることができます。
  • 足首アシスト装置

    足首アシスト装置

    より自然な歩行ができるよう支援

    • 低圧センサの情報をもとに歩行の状態(立脚と遊脚)を判断し、歩行時の足関節の底屈・背屈の動きをアシストします。
    • 対象者の歩行状態に合わせて、足関節の底背屈角度やタイミングなどを調節できます。
    • 装置とコントローラ共に約1kgと軽量で、装着も容易です。

  • 移乗アシスト装置

    安川電機では、医療・福祉機器製品をCoCoroe(ココロエ)ブランドとして展開。H.C.R. 2016では、そのブランド製品を展示。LR2、ReWalk、さらに今後発売予定の製品についても参考出展として展示いたします。

    介助者にも、要介護者にも、
    すべての人にやさしい介護支援装置の創出

    • (1) 介護者一人で移乗可能!
         しかも簡単移動、簡単操作。
    • (2) 介護者に介護の負担を与えない!
    • (3) 次の行動に移りやすい姿勢制御!

  • 上肢リハビリ装置AR2

    上肢訓練装置

    効果的な上肢リハビリテーションを提供

    • 運動の時に使う筋肉に適切なタイミングで振動・電気刺激を与えることで、意図する自動運転をより容易にします。
    • 目標物や自身の上肢の動きを見ながら(視覚刺激)、目標到達を音で聞くことで(聴覚刺激)運動の確認ができます。
    • 適切な負荷量に調節することで、短時間で数多くの反復訓練ができます。

安川電機医療機器サイトCoCoroe「ココロエ」

●お問い合わせ:(株)安川電機
マーケティング本部 新規市場開発部 三次産業市場開発課
TEL:03-5402-4663 FAX:03-5402-4554
E-mail: cocoroe@yaskawa.co.jp