第3回スマート工場EXPO

スマート工場EXPO

会 期

2019年1月16日(水)~ 18日(金)

10:00~18:00(最終日は17:00まで)

会 場

東京ビッグサイト 西展示棟

安川電機ブース

西展示棟2階 W26-21
展示会のブースイメージ

スマートファクトリを実現する

i3-Mechatronics
(アイキューブ メカトロニクス)

安川電機では 「i3-Mechatronics」コンセプトの実証工場として「安川ソリューションファクトリ」を今年7月に竣工し、お客様の継続的な生産性向上を可能にするソリューションの創造に取り組んでいます。

第3回スマート工場EXPOでは「i3-Mechatronics」実現の中核を担うソフトウェア「YASKAWA Cockpit」による「立体的なデジタルソリューション」の具体化について、その取り組みをご紹介します。

工場を自動化し、YASKAWA Cockpit によって現場と上位システムをつなぎ(統合的)、ビッグデータを分析・活用する(知能的)ことで順応性の高い工場を実現する(革新的)。それが安川電機の「i3-Mechatronics」です。

i3-Mechatronicsの概念図

∗1
リアルタイム性が求められるデータ解析とフィードバックを行うための情報処理の場所(工場や生産拠点内など、生産現場に近いエリア)
∗2
生産現場の設備や装置のデータをリアルタイムで収集・蓄積・分析することができるソフトウェア

主な展示内容

ブースのご案内 ※画像をクリックすると拡大表示されます。

ブースのご案内

順応性の高い工場を実現する立体的デジタルソリューション

  • 稼働状況の一元管理

    YASKAWA Cockpitを使い、各展示品の稼働状況などリアルタイムでのデータ収集を実演します。

  • 生産設備の自動化

    当社製品を使用したスマートフォン組立てセルで、生産管理、故障予知、品質管理などの自動化、視える化を実演します。

  • 設計工程の生産性向上

    YASKAWA Planningで作業条件、手順に応じたロボットプログラムの自動生成(タスク割当て、干渉回避など)を実演します。

  • 検査工程の効率化と精度向上

    検査作業をロボットで自動化することで、検査工程の高速化と高品質な検査を実現します。

  • 重大トラブルを未然に防止

    安川インバータを外部センサとしても利用し、機械故障予知機能にて、稼働率を向上させるソリューションを紹介します。

  • スマートファクトリ化を推進する
    ITソリューション

    スマートファクトリ向けのITソリューション群で工場設備のIoT化、ERP/MESなどの基幹システムとの連携事例を紹介します。

特別講演

「ロボティクスの進化と i3-Mechatronics の実行による産業自動化革命の実現」  無 料 ※満席になりました

安川電機はこれまで産業用ロボットをはじめサーボ、インバータといったメカトロニクス製品により生産現場の自動化を推し進めてきました。
IoT・AI活用による“ものづくりの変革”が謳われる昨今、当社は新たな産業自動化革命に向けたソリューションコンセプトである「i3-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」をすでに始動しています。
生産現場におけるメカトロニクス製品をデータで一元的につなぎ、お客様の持続的な生産性向上を実現するソリューション提案を目指しています。 “ロボットを含む生産自動化の進化”の現状と将来について事例を含め説明します。

会 期

2019年1月17日(木)
10:00-11:30(SFE-S1)

講演者

執行役員 ロボット事業部長 小川 昌寛

新製品情報・展示会情報などを
メールでいち早くお届けします。

安川電機の製品情報・技術情報サイト e-mechatronics.com(e-メカサイト)