モータ定数ファイル書き込みツール SigmaMotorWriter[会員サービス]

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

特長

モータ定数ファイルをサーボパックに書き込むことができるツールです。書き込んだ後はサーボパックがリニアスケールに保存します。

※ACサーボドライブエンジニアリングツールSigmaWin+(無償)を使用してサーボパックに書き込むことも可能です。

PAGE TOP

動作環境

対応言語 日本語、英語
OS∗1 Windows 2000 SP1以上、Windows XP
PCアーキテクチャ PC/AT DOS/V互換機
(注)
NEC PC9821シリーズでは、動作保証できません。
CPU Pentium 200 MHz以上
ハードディスク 標準セットアップ時 20 MB以上
(インストール時には40 MB以上の空き推奨)
色数 256色以上 (65536色以上推奨)
サーボパックと
パソコン接続用通信ケーブル∗2
JZSP-CPS00-□□
その他 1局以上のRS-232C IF
∗1
OSは、32ビット版のみに対応しています。64ビット版には対応していません。
∗2
サーボパックは、Σ-IIIシリーズのみに対応します。

PAGE TOP

ダウンロード

下記のテキストリンクをクリックし、任意の場所に保存してください。

名称 バージョン 公開日 データ容量 ダウンロード
SigmaMotorWriter (日本語) - - 約6.1 MB Download

インストール手順

パソコンのハードディスクにダウンロードし、保存してください。
ダウンロードしたファイルを実行し、メッセージに従ってインストールしてください。

※既にSigmaMotorWriterがインストールされている場合は、一度アンインストールが実行されます。
アンインストール完了後、再度セットアップを実行してください。

PAGE TOP

取扱説明書

下記のテキストリンクをクリックし、任意の場所に保存してください。

名称 資料番号 データ容量 ダウンロード
SigmaMotorWriter 操作マニュアル (日本語) - 約0.7 MB Download