iREX 2017

会期 :  11月29日(水)~12月2日(土)開催
会場 :  東京ビッグサイト 東1~6ホール
安川電機ブース:東4ホール IR4-47
主催者 URL : http://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/

安川電機は「2017国際ロボット展」に出展し「スマートファクトリを実現する『i3-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)』」をテーマに、そのコンセプトを具現化した組立ラインや、人とロボットの協働作業による工程変動生産のデモンストレーション、最新のIoT・AI技術、新型ロボットのラインアップなど当社の進化したものづくりソリューションをご提案しました。

主な出展製品・ソリューション

メインデモンストレーション

  • ミニカー組立ライン(i3-Mechatronicsコンセプト)

    制御を統合することによる装置とロボットの高度な連携と、YASKAWA Cockpitによるリアルタイムな稼動状況の見える化(製造現場のデジタルデータ化)で、フレキシブルな生産を実現します。

  • 人協働デモンストレーション

    人と同じ空間での作業が可能な人協働ロボットMOTOMAN-HC10の特徴である自在性を、移動台車との組み合わせでさらに進化させ、異なる作業に柔軟に対応する工程変動生産を可能にします。

PAGE TOP

AI活用

  • i3-Mechatronicsを実現するIoT・
    AIソリューション
    タスクプランニング・パスプランニング

    複数ロボットのスケジューリングを自動で行うプランニング機能で、ロボットの作業割り当てや動作パスを自動生成。教示に時間をかけずに、多品種・変量生産に応じた段取り替えを簡単に行えます。

  • i3-Mechatronicsを実現するIoT・
    AIソリューション
    ピッキング機能【参考出品】

    ディープラーニングにより手先のカメラ画像で対象の認識、把持動作の生成、多様なつかみ方を自ら学習。ピッキング作業を教示なしで実現します。グリッパの設計や交換は不要で多品種を把持できます。

PAGE TOP

人協働

  • HC10DTハンドキャリータイプ

    人協働ロボットMOTOMAN-HC10DTを手押し台車に載せ、生産プロセスに合わせてレイアウトを自在化。ダイレクトティーチ機能により煩雑な教示作業も直感的に行うことができ、教示作業の負担を低減します。

  • 重筋作業アシストロボット

    機能安全を活用し、重量物搬送(ロボット作業)とハンドガイドを利用した人手作業の協働により、作業者を重筋作業から解放。位置決め設備や高価なセンサを必要とせず、コンパクトな設備を実現できます。

  • マルチアーム人協働ロボット【参考出品】

    クラス最高レベルの片腕可搬質量5Kgの双腕人協働ロボットが、同時作業と治具レスを実現し作業効率UPに貢献します。安全柵レスで、ロボットと人が同じ空間で役割分担し協力しながら作業できます。

  • 研磨作業の実演教示ロボットシステム

    自動化が難しいとされてきた熟練作業者の力加減をロボットが正確に再現。実演教示による直感的かつ短時間での教示と、ロボットの学習機能による誤差の調整で、人とロボットの協働が可能になります。

PAGE TOP

塗装

  • 小型ベル搭載新型塗装ロボット

    広い塗装動作範囲が特長のMOTOMAN-MPX1950。中空手首構造のためシンプルな配管で小型ベルを搭載でき、安定した塗装品質を実現します。また、動作の加速時間を向上し、作業時間を短縮します。

  • 小物塗装コンパクトセル

    ワーク供給装置MOTOFEEDERIIに小型塗装ロボットMOTOMAN-MPX1150を壁掛け式で搭載し、“簡単設置+省スペース”で多彩な塗装に対応。コンパクトなパッケージながら、塗装範囲を大幅に拡大できます。

PAGE TOP

バイオ/センサ

  • 生菌数試験ロボットシステム

    バイオロジカルクリーン環境下で作業可能なMOTOMAN-MH5BM。人の熟練技である“ろ過”作業を完全再現でき、人手不足解消に貢献すると同時に、人起因のコンタミや作業のバラツキを排除します。

PAGE TOP

軌跡精度

  • 新YRC1000コントローラ
    (高精度軌跡の実演)

    新型コントローラYRC1000が、モータの追従遅れを最小化し、低速から高速まで変わることのないロボットの高精度な軌跡を実現します。ティーチング後の動作確認工数を削減し、生産性向上に貢献します。

  • 周辺機器(ねじ締めドライバ)の
    一括制御システム

    ねじ締めドライバの制御部をロボットコントローラに融合した自動ねじ締め装置です。ロボットコントローラによる状態・トルク監視で品質向上を実現。また、操作系統の一元化により立上げ工数を大幅に削減します。

PAGE TOP

オフライン検査

  • 高速外観検査ロボットシステム

    ソフトウェアがロボットプログラムを自動生成するため、実機ティーチングが不要で、高速で正確なロボット外観検査を実現できます。教示作業の負担がなくなり、目視検査に代わる自動検査が可能になります。

PAGE TOP

溶接/接合

  • 小型ガルバノスキャナヘッドによる
    レーザ溶接

    比較的小型のアーク溶接ロボットMOTOMAN-AR1440に小型ガルバノスキャナヘッドを搭載。多様なウォブリングパターン、高速なガルバノ制御により、高速かつ良質なレーザ溶接品質を実現します。

  • 高品質アルミアーク溶接ロボットシステム

    軽量化の流れから急速に需要が高まるアルミ溶接。アーク溶接ロボットMOTOMAN-AR1440、ロボットコントローラYRC1000、溶接電源MOTOWELD-X350の3つの新製品により、アルミ溶接における高品質と高生産性を両立します。

  • アルミスポット溶接ロボットシステム

    新型スポット溶接ロボットMOTOMAN-SP225H、省スペース対応7軸スポット溶接ロボットMOTOMAN-SP100Bと、ロボットの稼働状況・溶接品質を見える化できるYASKAWA Cockpitのモニタリング機能により、EV時代の車体軽量化に対応できるスポット溶接システムです。

新製品情報・展示会情報などをメールでいち早くお届けします。

安川電機の製品情報・技術情報サイト e-mechatronics.com(e-メカサイト)