H.C.R. 2017

国際福祉機器展
会期 :  9月27日(水)~9月29日(金) 10:00~17:30(最終日29日のみ16:00まで)
会場 :  東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1~6ホール
安川電機ブース : 1-03-10(東1ホール入ってすぐ)
主催者 : 全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会
URL : http://www.hcr.or.jp/

安川電機は、最新の福祉機器情報が集まるアジア最大規模の福祉機器総合展示会「H.C.R. 2017」で、当社の技術力を生かした医療・福祉機器「CoCoroe (ココロエ) 」の5製品を出展しました。当社は産業自動化市場で培ったロボット技術を医療・福祉分野に応用し、先進的な医療・福祉機器市場を創造する「Humatronics事業」に向け、今後もCoCoroe製品の研究・開発に取り組んでまいります。

安川電機は2025年ビジョンに掲げているHumatronics事業領域に向けた研究・開発成果を紹介いたします。当社はこれまで培ったロボット技術を生かし、先端的な医療・福祉機器市場の創造を目指しています。
出展製品

上肢リハビリ装置
CoCoroe AR2

効率的な上肢リハビリテーションを提供
 

上肢リハビリ装置 CoCoroe AR2

上肢訓練をサポートするリハビリ装置です。患者さんに合わせた免荷量を設定、使う筋肉に適切なタイミングで電気・振動刺激を与えることで、運動を行いやすくします。目的の運動を反復することで、効率のよい訓練を提供します。

脊髄損傷者用歩行アシスト装置
ReWalk

「もう一度自分の脚で歩きたい!」
その希望を叶える歩行アシスト装置

脊髄損傷者用歩行アシスト装置 ReWalk

脊髄損傷による下肢の麻痺のため、車いすでの生活を余儀なくされている方の歩行を実現する装具です。装着はストラップだけ。コミュニケータ(腕時計型端末)とクラッチ(補助杖)で自然な歩行を実現します。「歩く」ことで、床ずれ・間接の硬化・筋力低下などのトラブルを予防し、生活の質の向上にも貢献します。

足首アシスト装置
CoCoroe AAD

より自然な歩行を支援

脳卒中などによる歩行障害に対する歩行時の足関節の働きをアシストする装置です。足圧センサの情報をもとに歩行の状態を判断し、歩行時の足関節の底屈・背屈の動きを再現します。装置とコントローラは共に約1kgと軽量で、構成も簡易。装着・設定・タイミングなどの調整を簡単に行うことができ、効率的に歩行訓練ができます。

移乗アシスト装置
CoCoroe TAR

介助者一人で移乗できる
介助者にも要介護者にもやさしい介護支援装置

座位のとれない要介護者に対して、ベッドと車椅子間を移乗するためのアシスト装置。要介護者それぞれに適した姿勢、次の行動に移りやすい姿勢に制御し、揺れずに安定した移乗を叶えます。介助者が一人で移乗することができ、しかも簡単操作。介助者の身体的負担を減らします。

屋内移動アシスト装置

立ち上がり介助から、歩行支援まで
ひとつの装置で叶える

座位から立位への立ち上がり・屋内歩行・座り込み動作をサポートする装置です。介護者の身体的負担を軽減する「立ち上がりアシスト機能」、歩行時の転倒を防止する「速度制限機能」、および旋回動作を優しくエスコートする「自動旋回機能」を備えています。

CoCoroe製品の導入事例をご覧いただけます。
安川電機医療機器サイトCoCoroe「ココロエ」

問い合わせ先

  • (株) 安川電機 マーケティング本部 新規市場開発部 三次産業市場開発課
  • Tel : 03-5402-4663
  • Fax : 03-5402-4554
  • Mail : cocoroe@yaskawa.co.jp