ACサーボドライブエンジニアリングツール SigmaWin+ Ver.5[会員サービス]

製品に関するお問い合わせTEL0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

SigmaWin+

更新バージョン 更新年月日 更新内容
Ver. 5.76 2016/11/08

機能改善

<スイッチャ>
  • 接続処理を改善しました。
<Σ-7コンポーネント>
  • 英語版を日本語以外のOSで操作した時、パラメータやモニタの文字が小さく表示されていた問題を改善しました。
<Σ-Vコンポーネント>
  • 配線確認で表示されるΣ-V大容量(SGDV-□□□□21/25形)の入出力のピン番号を修正しました。
Ver. 5.75 2016/02/01

機能改善

<Σ-7コンポーネント>

  • トレースの対象IOデータを更新しました。
  • モータレステストモード時に、チューニングとリップル補償を使用不可にしました。
  • Pn601、Pn825の表示を修正しました。
  • Acrobat Reader DCを使用している場合も、メニューからヘルプを表示できるようにしました。

<Σ-Vコンポーネント>

  • Σ-7でΣ-V互換を行ったサーボと接続した時のパラメータ編集処理を修正しました。
Ver. 5.74 2015/09/02

仕様追加

<Σ-7コンポーネント>

  • サーボソフトVer001E以上において、回転形でも「磁極検出」と「モータ定数スケール書込み」の機能を使用可能にしました。

<Σ-Vコンポーネント>

  • Σ-V大容量機種(SGDV-□□□H/J)において、寿命モニタ機能に対応しました。

機能改善

<Σ-7コンポーネント>

  • トレースにおいて、リニアモータ使用時の単位表示を修正しました。
  • パラメータコンバータで、リニア機種をΣ-7にコンバートした時、Pn000.3を「1」に設定するようにしました。
  • 製品情報読み出しで、リニアモータ使用時に、分解能の値が小数点以下6桁まで表示するようにしました。

<Σ-Vコンポーネント>

  • ジョグ速度テーブル編集機能が起動しない問題を修正しました。
Ver. 5.73 2015/06/23

仕様追加

<Σ-7コンポーネント> / <Σ-Vコンポーネント>

  • INDEXERモジュールのソフトVerup(Ver6→Ver7)に対応しました。

<Σ-7コンポーネント>

  • Σ-7 ダイナミックブレーキオプション機種 (SGD7S-□□□□□□□020)に対応しました。
  • サーボソフトVer000CからUn032/033/034を表示するようにしました。

機能改善

<Σ-7コンポーネント>

  • システムモニタをメイン画面にドッキングさせた時、軸番号が表示されるようにしました。
  • セットアップウィザードのエンコーダ設定で、24ビットの符号を製品形式に合わせました。
  • SGD7S-□□□□00機種でリニア使用時のPn002の表示内容を修正しました。

<Σ-Vコンポーネント>

  • SGDV-□□□□11において、Pn002の桁情報が2つ表示されていたのを修正しました。
  • トレースのトリガタイプで、「レベル(以上)」を設定した時の処理を修正しました。
Ver. 5.72 2015/02/06

仕様追加

<Σ-7コンポーネント>

  • Σ-7指令オプション機種(SGD7S-□□□□E0)に対応しました。
  • セーフティモジュールに対応しました。
  • INDEXERモジュールに対応しました。
  • DeviceNetモジュールに対応しました。
  • サーボソフト(Ver000E)に対応しました。(Pn846/Pn848)

<Σ-Vコンポーネント>

  • 複巻ドライブに対応しました。
  • DC入力形Σ-VのソフトVerup(~Ver002B)に対応しました。   

機能改善

<Σ-7コンポーネント>

  • アラーム(A.101)を追加しました。
  • トレースにおいて、IOのみの設定時にもグラフが表示できるようにしました。
  • トレースにおいて、整定時間の設定とメッセージを修正しました。
  • Acrobat Reader X/XIを使用している場合も、メニューからヘルプを表示できるようにしました。
  • パラメータコンバータにおいて、Pn5xxの変換処理を修正しました。
  • セットアップウィザードにおいて、電子ギヤの詳細設定で、指令単位の単位変更で、 [μm]→[mm]に変更する時の処理を修正しました。
Ver. 5.71 2014/07/04

機能改善

<Σ-7コンポーネント>

  • リニア機能に対応しました。
  • 慣性モーメント推定機能を使用可能にしました。
    (※サーボパックソフトVer000D以上)
  • 寿命モニタ機能を使用可能にしました。
    (※サーボパックソフトVer000A以上)
  • Σ-7Sモデル(SGD7S-□□□□00/10/20形)において、トレースの計測情報でパラメータタブを表示しました。
  • 軸名称設定の文字数を半角英数字32文字に拡張しました。

<Σ-V-MDコンポーネント>

  • SGDV-MDA01形に対応しました。
Ver. 5.70a 2014/05/30

仕様追加

  • Σ-7Sモデル(SGD7S-□□□□00/10/20形)とΣ-7Wモデル(SGD7W-□□□□20形)に対応しました。
    (※本バージョンでは、「寿命モニタ」機能に対応していません。また、「慣性モーメント(質量)推定」を使用できません。申し訳ありませんが、自動調整機能内の慣性モーメント(質量)推定をご使用ください。)

機能改善

  • 大容量Σ-Vシリーズ(SGDV-□□□□11/21形)が、コントローラ経由で接続できるように対応しました。
Ver. 5.62 2013/11/25

仕様追加

  • SGDV-MD形 8軸一体型(MECHATROLINK-III通信指令形)に対応しました。

不具合修正

  • 大容量Σ-Vシリーズ(SGDV-□□□□01/11形)において、Pn515の初期値と書込み先が間違っていた不具合を修正しました。
  • MPコントローラ経由で31軸以上の構成時の検索不具合を修正しました。
  • ST番号と局番号が異なる設定におけるMECHATROLINK通信リセット不具合を修正しました。
Ver. 5.61
【公開停止】
2013/08/08

機能改善

  • オプションモジュールの接続処理を改善しました。
Ver. 5.60
【公開停止】
2013/07/26

仕様追加

  • 大容量Σ-Vシリーズ(SGDV形)で、Σ-V MECHATROLINK-III
    サーボ(SGDV-□□□□21/25形)と指令オプション取付形Σ-V
    サーボ(SGDV-□□□□E1/E5形)の機種追加を行いました。
  • サーボソフトVer0029のパラメータ、アラームを追加しました。
  • セーフティモジュール(SGDV-OSA01A形)のパラメータを追加しました。

不具合修正

  • Σ-V DeviceNetモジュール(SGDV-OCA04A、SGDV-OCA05A)
    使用時に、入出力信号名称が正しく表示されるように改善しました。
  • MPコントローラ経由で接続した場合に、検索時にSigmaWin+が
    落ちることがあった不具合を改善しました。
Ver. 5.58 2013/05/31

仕様追加

  • 大容量Σ-Vシリーズ(SGDV形)、DC電源入力Σ-Vシリーズ(SGDV形)のパラメータを追加しました。
  • MPE720なしにMPコントローラ経由で接続できるように対応しました。
Ver. 5.57 2013/02/04

仕様追加

  • Σ-V DeviceNetモジュール(SGDV-OCA04A、SGDV-OCA05A)に対応しました。
Ver. 5.56a 2012/12/12

仕様追加

  • 大容量Σ-Vシリーズ(SGDV形)に対応しました。
  • MPコントローラ経由にて、DC電源入力Σ-V MECHATROLINK-IIサーボ(SGDV-□□□E11形)に対応しました。
    (※SVB(CPU内蔵) : Ver2.81以上、SVB-01 : Ver1.30以上)
  • Σ-V MECHATROLINK-IIIサーボ(SGDV-□□□□21/25形)+セーフティモジュール(SGDV-OSA01A)の組合せに対応しました。
    (※Σ-V MECHATROLINK-IIIサーボ(SGDV-□□□□21/25形)のサーボソフトVer0028以上)
  • Σ-Vコンポーネントのトレース機能において、トレース対象項目に「推定外乱トルク/estimated disturber torque」を追加しました

不具合修正

  • Σ-Vコンポーネントのセットアップウィザードにおいて、指令オプション取付形Σ-Vサーボ(SGDV-□□□□E1/E5形)+INDEXERモジュール(SGDV-OCA03A)を選択すると先に進めない不具合を修正しました。
  • Σサーボ(SGDF-□□□P形)のCn-0Fの出荷値を、「10000」→「10」に修正しました。
Ver. 5.55 2012/01/17

仕様追加

  • MPコントローラ経由にて、MP3200に対応しました。
    (※MPE720Ver7.11以上)
  • MPコントローラ経由にて、DC電源入力Σ-V MECHATROLINK-IIIサーボ(SGDV-□□□E21形)に対応しました。
    (※MPE720Ver7.11以上 または MPE720Ver6.23以上)
  • Σ-V INDEXERモジュール(SGDV-OCA03A)のモジュールソフトVer0004に対応しました。
    PnB53が追加されています。
Ver. 5.54 2011/09/30

仕様追加

  • Windows 7(64ビット)に対応しました。
    (※MECHATROLINK-IIコンポーネントを除く)
  • DC電源入力Σ-Vシリーズ(SGDV-□□□E形)に対応しました。
Ver. 5.53 2011/07/26

仕様追加

  • Σ-Vシリーズ(SGDV形)のサーボソフトVer0023に対応しました。
    SGDVバージョンアップ品、バックラッシ機能、原点復帰速度機能に対応したパラメータ/モニタを追加しました。

機能改善

  • Σ-Vコンポーネントのモータ定数スケール書込み機能において、データ書込み後のチェック処理を改善しました。

不具合修正

  • Σ-Vコンポーネントのパラメータコンバータを修正しました。
    Σ-II→Σ-Vの変換において、Σ-IIのPn003.0/Pn003.1に対するΣ-VのPn552/553の変換結果を修正しました。
    ご迷惑をお掛けしますが、Pn003.0/Pn003.1を0/1/5/6/7のいずれかの値に設定している場合は、再度ご確認をお願いします。
Ver. 5.51 2011/04/20

仕様追加

  • Σ-V セーフティモジュール(SGDV-OSA01A)に対応しました。
Ver. 5.50 2010/12/10

仕様追加

  • Windows 7に対応しました。
    (※64bitは未対応です。)
    (※MECHATROLINK-IIコンポーネントを除く)
    USBドライバをバージョンアップしていますので、変更をお願いします。
Ver. 5.34 2010/06/16

機能改善

  • オプションモジュールの接続処理を改善しました。
Ver. 5.33 2010/02/04

仕様追加

  • Σ-V INDEXERモジュール(SGDV-OCA03A : Ver0003 : リニア対応)に対応しました。
  • SGDV-01/05(Ver0019以上)において、指令パルス入力倍率切り替え機能に対応しました。
    また、Σ-II→Σ-Vの関連パラメータのコンバート処理を追加しました。
  • SGDV-01/05/11/15/21/25/E1/E5(Ver001A以上)において、オーバートラベルワーニング機能に対応しました
Ver. 5.31 2009/09/18

不具合対応

  • SigmaWin+ Ver.5.30とMPE720 Ver.6.22以下の組合せにて、MP経由でサーボに接続できなかった不具合を修正しました。
Ver. 5.30 2009/06/25

仕様追加

  • Σ-V INDEXERモジュール(SGDV-OCA03A)に対応しました。
    プログラムテーブル編集 / ゾーンテーブル編集 / ジョグ速度 / テーブル編集 / シリアルコマンドモニタが使用できます。
  • MPコントローラ経由にてMECHATROLINK-IIIメッセージに対応しました。
    (※MPE720Ver.6.23以上、SGDV-∗∗∗∗21/25サーボソフトVer.0015以上)
Ver. 5.21 2009/03/19

仕様追加

  • Ver.5.20での更新内容を、英語版にも適用しました。

機能改善

  • Σ-V MECHATROLINK-IIIサーボ(SGDV-∗∗∗∗21/25)のパラメータ名称をサーボマニュアルの更新に合わせて変更しました。

不具合対応

  • MECHATROLINK-IIコンポーネントにおいて、原点位置設定/磁極検出の再実行に問題があるため、本機能を使用不可としました。
  • リアルタイムトレースで、ファイル名に「ピリオド(.)」が含まれるファイルが読み込めない不具合に対応しました。
Ver. 5.20
(日本語版のみ)
2008/11/10

仕様追加

  • Σ-V MECHATROLINK-IIIサーボ(SGDV-∗∗∗∗21/25)に対応しました。
  • SGDS/MECHATROLINK-IIコンポーネントにおいて、原点位置設定/磁極検出の2機能に対応しました。

機能改善

  • Σ-Vコンポーネントにおいて、トレースの速度データが±50,000まで表示可能になりました。

不具合対応

  • パラメータコンバータの変換不具合を修正しました。
    ご迷惑をおかけしますが、変換を行う場合は、本Ver.以降をご使用ください。
Ver. 5.11 2008/09/18

機能改善

  • Ver.5.10での更新内容を、英語版にも適用しました。
  • MP経由でのSigmaWin+の使用が可能になりました。
    (※Σ-Vコンポーネントのみ)
    (※MPE720 Ver.6.10以上がインストールされていること)

不具合対応

Σ-Vコンポーネントにおいて、パラメータコンバータの不具合を修正しました。

  • Σ→Σ-Vの変換において、「Cn-1E」の変換に誤りがありました。
    誤)変換先 : Pn51B、値 : Cn-1E x 256 / 1000
    正)変換先 : Pn520、値 : Cn-1E x 1
  • Σ-II(回転)→Σ-V(回転)の変換において、「Pn505」の変換に誤りがありました。
    誤)値 : Pn505 x 1
    正)値 : Pn505 x 256
  • Σ-II(リニア)→Σ-V(リニア)の変換において、「P280」の変換に誤りがありました。
    誤)値 : Pn280 x 1
    正)値 : Pb280 x 100
    ご迷惑をお掛けしますが、上記変換を行っている場合は、再度ご確認をお願いします。
Ver. 5.10
(日本語版のみ)
2008/06/20

仕様追加

  • Windows Vistaに対応しました。
    (※MECHATROLINK-IIコンポーネントを除く)
  • 大容量Σ-II(SGDM-DB/SGDH-EB)に対応しました。

機能改善

Σ-Vコンポーネントにおいて、以下の機能を改善しました。

  • トレース
    画面構成の変更、拡大状態でのトレース実行など。
  • セットアップウィザード
    SGDV MECHATROLINK-II通信指令形に対応しました。
  • パラメータオンライン編集
    編集可能な機種を3個→5個に変更しました。
Ver. 5.04
(英語版のみ)
2008/06/20

不具合対応

  • 英語OSにて、Σ-Vに接続できない不具合に対応しました。
Ver. 5.03 2007/06/26

機能改善

  • Σ-Vサーボパックにおいて、SGMJV(13bitエンコーダ)モータを使用してチューニングを行う場合、自動調整/カスタム調整の初期値をモータに適した実行状態に変更しました。
Ver. 5.02 2007/05/23

仕様追加

  • Σ-Vのサーボパック(SGDV-□□□□11A / 15A)に対応しました。
  • Σ-Vコンポーネントの英語版に対応しました。
Ver. 5.01
(日本語版のみ)
2007/05/10

仕様追加

  • Σ-Vのサーボパック(SGDV-□□□□01A / 05A)に対応しました。
    Σ-Vにおいて以下の機能が使用できます。
    >パラメータコンバータ
    >セットアップウィザード
    >アラーム診断
    >システムモニタ
    >応答レベル設定(調整レス使用時)
    >トレース改善(連続トレース、おまかせ設定 他)
    >チューニング改善(自動調整、カスタム調整 他)

PAGE TOP

Σ-V-EX/FTコンポーネント

更新バージョン 更新年月日 更新内容
Ver. 1.12 2015/07/01

仕様追加

  • Σ-V FT003機種のソフトVerup(Ver0023_12F2)に対応しました。
Ver. 1.11 2013/11/01

仕様追加

  • Σ-V-FT001のMECHATROLINK-III機種を追加しました。
  • Σ-V-FT005に対応しました。
  • Σ-V-FT008に対応しました。
Ver. 1.00 2013/06/20

新規作成

  • Σ-V-EX001に対応しました。
  • Σ-V-EX002に対応しました。
  • Σ-V-FT001に対応しました。
  • Σ-V-FT003に対応しました。
  • Σ-V-FT006に対応しました。

PAGE TOP

Σ-V-SDコンポーネント

更新バージョン 更新年月日 更新内容
Ver. 1.00

2014/05/30

 

新規作成

  • Σ-V-SD(アナログ電圧速度指令機能拡張形)に対応しました。

PAGE TOP

Σ-Sコンポーネント

更新バージョン 更新年月日 更新内容
Ver. 1.00 2014/07/04

新規作成

  • Σ-S(接点指令形/パルス列指令形)に対応しました。