用途・事例 一覧に戻る

製品に関するお問い合わせTEL 0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

ボールねじの予防保全

ボールねじの劣化により、装置の精度が下がったり、突発的なラインの停止につながったりすることがあります。故障する時期を予測するには、振動の変化を監視することが有用ですが、センサを新たに追加するとコストがかかりスペースの確保も必要です。

ACサーボドライブ Σ-7シリーズは、サーボがセンサ代わりとなって振動の変化をモニタできるため、ボールねじの故障予測などのメンテナンスに活用することができます。


課題センサ追加なしでボールねじの劣化を監視したい

製造現場で多く使われているボールねじは、経年劣化でガタツキが出てくる。結果、予期せぬライン停止が発生し、稼働率の低下を招いてしまう。
また、経年劣化の監視にはコストやスペースの問題もある。

ソリューションサーボをセンサ代わりにし、故障を事前に察知

サーボドライブ Σ-7シリーズは、サーボがセンサの代わりとなり、モータの応答から振動成分をサーボパックが自動抽出。推定振動を監視することで、振動の変化から経年劣化によるボールねじの故障を事前に察知し、壊れる前に交換でき、突発的なラインの停止を防ぎます。

データ検出機能は振動以外も監視!

Σ-7シリーズから得られるデータは振動成分だけではありません。外乱、位置決め、通信品質、温度など多種類のセンシングデータをリアルタイムに検出。センサを追加せずに、装置の経年劣化や機械の予防保全に活かすことができます。

適用製品

分類

製品

サーボ

テーマ

生産性向上、信頼性向上、予測・ガイダンス、データ活用、システム簡略化

業界

液晶製造、金属加工、搬送装置、半導体製造、電機・電子

アプリケーション

金属加工、組立、搬送、検査・検出

一覧に戻る