201091日号

豆大福先生に聞いてみようよ!
 

豆大福先生はモーションコントロールスクール講師。
ユーザさんに対しての講習はもちろん、新入社員の研修も担当している。

行橋くん、入間くん、竹芝さんは、数年前の入社当時に研修を受けた新人営業さん。
彼らは疑問があると、今でも豆大福先生を頼ってくる…

 

 
■第21話 「MP2100で内製コントローラを置き換えてみよう」
 
竹芝さん うーん、どうしよう...
豆大福先生 涼子ちゃん、どうしたのかな?
竹芝さん あ、豆大福先生。 実は、現在、自社でコントローラを開発されているお客様が「自社コントローラは、維持開発するのが大変だから、汎用のコントローラに変えたいのだけど、なんかよい提案はないか?」と聞かれていて..
豆大福先生 お客様の自社コントローラは、パソコンに装着しているタイプのものかな。
竹芝さん そうなんです、パソコンに装着するボードタイプのコントローラらしいのですが。
豆大福先生 そうか、では、MP2100を提案してみたらどうかな?
竹芝さん MP2100ですか?
豆大福先生 MP2100は、パソコンに装着するタイプのコントローラで、自社コントローラから汎用のコントローラに切り替えをしようとしている場合に、ぴったりなんだよ。
竹芝さん たしかに、マシンコントローラの中で唯一、パソコンに装着するタイプのコントローラですものね。
豆大福先生 そうだね。 ただ、ボードタイプだからといって特殊なコントローラではないし、パソコンの知識が特別に必要というわけではないんだよ。
他のMP2000シリーズとお客様が開発するアプリケーションプログラムはすべて共通なんだよ。
たとえば、オールインワンタイプのMP2300で作ったアプリケーションプログラムがそのままMP2100にも使用できるわけだよ。
竹芝さん そうなんですね。パソコンに装着するコントローラって、パソコンの知識が必要だと思っていました。
豆大福先生 MP2100は、パソコンからは電源を供給してもらうだけで、アプリケーションプログラムは、他のMP2000シリーズと共通で、MP2100のボードの内部で実行されるんだよ。だから、具体的には、ラダープログラムとモーションテキストプログラムでアプリケーションプログラムを作成するんだ。
   
竹芝さん でも、お客様が、自社コントローラでは、「C言語」というプログラム言語でプログラムしていたとおっしゃっていましたが、新しいプログラム方式を覚えないといけないので大変なんじゃないですか。
豆大福先生 お客様のアプリケーションプログラムが、位置決めと補間動作だけであれば、「モーションテキストプログラム」で記述するとパソコンの「C言語」でプログラムをしていたお客様にも違和感はないと思うよ。このプログラムは、複雑な制御を1命令で簡単に実行ができるんだよ。
一度、お客様にMP2100と「モーションテキストプログラム」を紹介してみるとよいと思うよ。
   
竹芝さん MP2100を使うと、パソコンに装着されて、いままでとおなじ構成が可能で、アプリケーションプログラムもモーションテキストプログラムがあるから、簡単にできるんですよ」
ってことをお客様に紹介すれば、お客様が自社コントローラから、MPシリーズに切り替えていただけるのではないかと思います。ありがとうございました、豆大福先生!
豆大福先生

はっはっは~、さて、ひとまず一見落着かな?

そういえば、大福を生クリームとスポンジで巻いたロールケーキがあるという噂を聞いたんじゃが、今はそれに興味津々なんじゃ。

 

Copyright(C)2001‐2022 YASKAWA ELECTRIC CORPORATION. All Rights Reserved.