20091221日号

豆大福先生に聞いてみようよ!
 

豆大福先生はモーションコントロールスクール講師。
ユーザさんに対しての講習はもちろん、新入社員の研修も担当している。

行橋くん、入間くん、竹芝さんは、数年前の入社当時に研修を受けた新人営業さん。
彼らは疑問があると、今でも豆大福先生を頼ってくる…

 

 
■第18話 「パネル一体タイプコントローラって?」
 
竹芝さん うーん、難しいわ・・・
豆大福先生 どうしたんだい、涼子ちゃん
竹芝さん あ、豆大福先生。実は、お客様から、「装置の生産品質管理のためにサーボの状態やモーション制御の状態を保存しておきたいのだけど、そのためだけにパソコンを別に設置したくないのだけど、なんかいい提案ないか」と聞かれていて・・
豆大福先生 そうか、そうか。そういったお客様には、MP2500を提案してみたらどうだい。
竹芝さん MP2500ですか?
豆大福先生 MP2500は、「フルオールインワン」をコンセプトに開発された製品で、全体システムの中で、ちょっとだけサーボを使ってみようといった場合に、ぴったりなんだよ。
竹芝さん 「フルオールインワン」ですか?
豆大福先生 そう、「フルオールインワン」。
もともとMPも、モーションとシーケンス(PLC機能)の融合というコンセプトで開発されたのじゃが、それにPC(パソコン)とHMI(表示機能)を融合させ、装置に必要な機器をすべて(フルに)ひとつにしたことで、コンパクトで、いろいろなそれぞれの機能を融合させ、さらに融合を進化させた製品なんじゃ。
 
竹芝さん へー、じゃ、PC(パソコン機能)もMPにとりこんだ製品なんですね。
豆大福先生 そう、パソコン機能も取り込んでいるので、お客様の要求である「装置の生産品質管理のためにサーボの状態やモーション制御の状態を保存しておきたい」=(ロギング機能)に対応できるんじゃ。
MP2500はそれだけでなくて、HMI機能もあるので、操作やモニタするための画面も簡単に作成できるんじゃ。
作画ツールというお絵かきをするソフトのようなもので、特別な知識なしでお客様自身でな非常に簡単に作成できるんだよ。
 
作画ツール「Motion Screen
  また、「標準画面」としてメーカー側で、MPの各種画面が部品として使用可能で、パソコンなくてもモニタや操作が可能なんだよ。
 
レジスタモニタ
竹芝さん へー、そうなんですね。便利そうだなぁ、でも、パソコンとMPとの組み合わせと省スペース以外のメリットがあるのですか?
豆大福先生 「フルオールインワン」で、すべてセットというには、やはりメリットがたくさんあるんだよ。「モーションの制御性能」は、他のシリーズと同等であるのは、MPシリーズの一員としてはまず当たり前の性能じゃな。
それでは、たとえば、「高い拡張性」を説明してみようか。
通常、パソコンを使用すると、「I/O」や「通信」の拡張性が弱いことが課題となるが、MP2500はその「弱さ」がないんだよ。MP2000シリーズのオプションモジュールが活用できるようになっていて、各種オープンネットワークをはじめ,システムに最適な入出力モジュールの選択が可能なんだよ。自由なオプション選択により,装置にマッチした最適システムが構築可能となるんだよ。これは、MPシリーズの一員であるMP2500の特徴なんじゃ。
竹芝さん へー、じゃ、PC(パソコン機能)の弱点を融合することで克服しているんですね。
豆大福先生 そう、パソコンの弱点である点を融合することで克服しているんだね。また、装置や設備の使用で問題となるのが、故障。パソコンを使うとどうしても振動に弱いハードディスクが故障の一番の原因となってしまう。
MP2500
では、その点にこだわって、ハードディスクレスのシステムなんだよ。具体的には、ハードディスクを使わずにCF(コンパクトフラッシュ)を使用しているんだよ。この構造のおかげで、高い耐振動性を実現し、FAの厳しい環境下でも高い信頼性を確保できるんだよ。また、ROM化のため、ウィルスに強いし、突然、停電してもパソコンのように、クラッシュしないんだよ。つまり高信頼性という状態なんだよ。
竹芝さん へー、なんか、本当に安心や拡張性までセットで「フルオールインワン」なんですね。
豆大福先生 そうなんだよ。しかも、アプリケーションプログラムは、シリーズがなんにかわろうと(※MP2400除く)、全シリーズで共通なんだよ。だから、装置の構成にあわせて、コントローラを選択することが可能なんだよ。形がずいぶん他と異なるけど、MP2500も共通のアプリケーションで対応できるんだよ。
竹芝さん MP2500って、私は、いままで、あまりPRしたことがなかったけど、お客様にとって、とてもメリットのある製品ですね。MPを使用するのが最適な装置や設備で、「ロギング機能」のようにPC(パソコン機能)を必要とするような案件に提案すると最適そうですね。
豆大福先生 そのとおりだね。パソコン機能が必要だ、というお客様がいたら、まずは、MP2500を提案してみることだね。
竹芝さん MP2500を使えば、使いたいロギング機能は実装できるし、サーボ関係の機能も親和性が高いんですよ」
って、うまくお客様に説明できます!

ありがとうございました!
豆大福先生!
豆大福先生

はっはっは~、さて、ひとまず一件落着かな?
では、今日もあま~い 豆大福でも食べるかな。

 

Copyright(C)2001‐2022 YASKAWA ELECTRIC CORPORATION. All Rights Reserved.