200969日号

安川電機オンラインショップの紹介
 
安川電機オンラインショップでは、サーボ、マシンコントローラ、インバータ、その他の周辺機器などのFA製品を取り揃えており、お客様はe-メカサイトに会員登録(無料)するだけでお求めいただくことができます。
 
 
e-メカサイトニュース今号と次号の2回に分けて、オンラインショップについて詳しく紹介していきます。
 
今回は、この豊富な製品ラインナップの中から、サーボ「JUNMAシリーズ」とマシンコントローラ「MP2400」の特長を取り上げて詳しく紹介します。
 

ACサーボドライブ「JUNMAシリーズ」

 

ラインナップの中で文句なしの一押し製品は「JUNMAシリーズ」です。

簡単な位置決めに使いたいだけだから、難しい調整が必要なサーボはいらないんだ
と、ステッピングモータをご使用になっている方
JUNMAをお使い頂ければ、簡単に使えるという点は変わらないまま、生産性が大幅に上がります

JUNMAは、 ステッピングモータの手軽さと、サーボの高い性能を「いいとこどり」してしまった、全く新しいコンセプトのサーボなんです。
 

 

このムービーでは、使うまでの手順や本当に調整なしで動くのかどうか、ステッピングモータと比べてどのくらいの性能差があるのか、負荷を変えても同じ動きを実現できるか、を実際に実験しています。
是非ご覧頂き、JUNMAの実力をあなたの目で御確認下さい。


 
 
脱調しない

従来のサーボで位置決めを行うにはゲイン調整が面倒でした。
JUNMAは最新のオートチューニング機能により、面倒な調整が必要ありません。

 
低振動・低騒音

運転前の面倒な調整が不要です。
箱から出して配線するだけでセットアップ完了!すぐに運転可能です。

 

 
 
脱調しない

JUNMAは脱調しないんです。
一般的なステッピングモータにはないクローズドループ制御を採用していますので、急激な加速や急停止、急激な負荷変動でも脱調しません。

 
低振動・低騒音

JUNMAはサーボです。サーボ特有の構造により、ステッピングモータによくある運転時の振動や騒音がありません。

   
低発熱

ステッピングモータではモータ停止時の発熱が問題になります。
JUNMAはステッピングモータに比べ、モータ停止時の発熱が抑えられますので運転効率をアップすることができます。

 
今号の「豆大福先生に聞いてみようよ!」のコーナーでも、入間くんが豆大福先生にJUNMAの特長を教えてもらっています。 こちらも併せてご覧下さい。

「豆大福先生に聞いてみようよ!」 第15話 「JUNMAシリーズとステッピングモータの違いは?」

 

マシンコントローラ「MP2400」


 
MP2400の特長や具体的な使用方法をムービーにて詳しく紹介しています。是非ご覧下さい。
 

MP2400は他のMP2000シリーズと違って、ラダープログラムを覚えたりプログラムする必要はありません。
モーションプログラムを作成し、実行順序を登録するだけで、上位PLCからプログラムレスでモーションプログラムを起動できます。複数個のプログラムを登録すれば複雑な動きが実現できます。シーケンス制御はラダープログラム方式にかわり、テキスト言語を採用しています。

 
 
 
MP2400なら省スペース、省配線のスタンドアロンシステムが簡単に構築できます。
EthernetPLCと接続することも可能です。
JUNMAMECHATROLINK-II通信に対応したモデルなら、MP2400と簡単に接続可能。
機械の生産性が向上します。
 

いかがでしたでしょうか。
JUNMAシリーズの実力、そしてJUNMAシリーズとMP2400を組み合わせた時の威力をお分かり頂けたでしょうか。
次号では、お客様の機械に最適なJUNMAを選ぶ方法、「サーボ容量選定」の具体的な手順を紹介します。


製品の技術的なご相談はこちらまで
 
オンラインショップお問い合わせ先:
(
平日9:0012:00, 13:0017:00)


Copyright(C)2001‐2022 YASKAWA ELECTRIC CORPORATION. All Rights Reserved.