Varispeed G7

製品に関するお問い合わせTEL 0120-502-495 (9:00〜12:00 13:00〜17:00)

仕様

形式 CIMR-G7A□□□□ 20P4 20P7 21P5 22P2 23P7 25P5 27P5 2011 2015
最大適用モータ容量 ∗1 kW 0.4 0.75 1.5 2.2 3.7 5.5 7.5 11 15
定格入力電流 ∗2 A 3.8 7.2 9.6 14.4 22 32 40 59 79
出力 定格出力容量 kVA 1.2 2.3 3.0 4.6 6.9 10 13 19 25
定格出力電流 A 3.2 6 8 12 18 27 34 49 66
最大出力電圧 三相 200/208/220/230/240 V (入力電圧対応)
最高出力周波数 定数設定で 400 Hzまで対応可能 ∗3
電源 定格電圧·
定格周波数
三相交流電源 200/208/220/230/240 V 50/60 Hz ∗4
直流電源 270 ~ 340 V ∗5
許容電圧変動 +10%、-15%
許容周波数変動 ±5%
電源高調波対策 直流リアクトル オプション
12相整流 対応不可
環境仕様 振動 振動周波数10 ~ 20 Hz未満では9.8 m/s2
20 ~ 55 Hzでは5.9 m/s2まで許容
形式 CIMR-G7A□□□□ 2018 2022 2030 2037 2045 2055 2075 2090 2110
最大適用モータ容量 ∗1 kW 18.5 22 30 37 45 55 75 90 110
定格入力電流 ∗2 A 88 106 143 176 201 246 330 394 457
出力 定格出力容量 kVA 30 37 50 61 70 85 110 140 160
定格出力電流 A 80 96 130 160 183 224 300 358 415
最大出力電圧 三相 200/208/220/230/240 V (入力電圧対応)
最高出力周波数 定数設定で 400 Hzまで対応可能 ∗3
電源 定格電圧·
定格周波数
三相交流電源 200/208/220/230/240 V 50/60 Hz ∗4
直流電源 270 ~ 340 V ∗5
許容電圧変動 +10%、-15%
許容周波数変動 ±5%
電源高調波対策 直流リアクトル 内蔵
12相整流 対応可 ∗6
環境仕様 振動

振動周波数10 ~ 20 Hz未満では
9.8 m/s2、20 ~ 55 Hzでは
5.9 m/s2まで許容

振動周波数10 ~ 20 Hz未満では
9.8 m/s2、 20 ~ 55 Hzでは
2.0 m/s2まで許容
(注)
200 V級の主回路は2レベル制御方式です。
∗1
最大適用モータ容量は、当社製4極の標準モータで示しています。厳密な選定については、インバータ定格出力電流がモータ定格電流以上となるように機種を選定してください。ただし、最大適用モータとして表示されている容量より大きいモータは選定しないでください。また、1/10以下の低速で高トルク連続運転を行う場合は、モータより大きな容量 (kW)のインバータを使用してください。
∗2
定格入力電流は電源側インピーダンス (電源トランス、 入力リアクトルや電線を含む)の値によって変わります。
∗3
PG無しベクトル2制御での設定範囲は0 ~ 66 Hz (PRG:103□では0 ~ 132)となります。
∗4
200 V級 30 kW以上のインバータ冷却ファン電源は、三相交流電源 200/208/220 V 50 Hz、200/208/220/230 V 60 Hzです。230 V 50 Hz、240 V 50/60 Hz電源は、冷却ファン電源用トランスが必要です。
∗5
直流電源を使用した場合はUL/CE規格には対応しておりません。
∗6
12相整流時は、電源に3巻線トランス (お客様ご準備)が必要です。

関連情報メニュー