ACサーボドライブ Σ-Vシリーズ INDEXERモジュール

新製品情報
2009/10/20

2007年4月の製品リリース以来、高性能、高機能、小形化により5,000社以上のお客様からご愛顧をいただいてきました業界最高性能を誇るACサーボドライブΣ-Vシリーズは、「ダントツ性能」「簡単立ち上げ」「優れた拡張性」をコンセプトにして、機械の性能向上と使いやすさを提供して参りました。今回、「優れた拡張性」をさらに極める位置決め機能を持ったINDEXERモジュールを新たにラインアップしました。
これにより、プログラミング運転を位置決めコントローラなしで簡単に実現できます。特に、上位コントローラにPLCやパソコンをお使いのお客様に低価格で、高いパフォーマンスをお届けいたします。


Smart:洗練されたプログラム

特別なプログラミング言語が不要なプログラムテーブルを採用しました。このテーブルに位置、速度、加減速度などを設定するだけで位置決めを実現します。テーブル設定は無料のソフト(SigmaWin+:インターネットからダウンロード)を使って行い、プログラミングなどは一切不要です。
さらに、出力信号の設定や外部位置決め機能、領域信号の出力などの機能もこのテーブルで設定可能です。

 

主な機能

・256ポイントの位置決めが可能
・外部位置決め機能
・領域信号出力:32領域
・JOG速度設定:16速
・原点復帰:3種類 など

プログラムテーブル

 

Simple:調整からプログラミングまでをSigmaWin+がサポート

プログラムテーブル編集をはじめ、各種設定を対話形式(ウィザード設定)でセットアップできます。

  • ・プログラムテーブル、ZONEテーブル、JOG速度テーブル:
     INDEXERモジュール内のメモリに格納されている上記テーブルの表示と編集が行えます。 また、ステーション位置決めに便利なステーション分割画面を搭載しています。
  • ・ユーザ定義編集:
     INDEXERモジュールで使用するユーザ定数の編集、ファイル保存・読込みなどが行えます。
  • ・モニタ:
     サーボパックの状態、動作、I/O信号などをそれぞれのモニタ画面で確認できます。
  • ・トレース:
     サーボパック内部メモリに格納されたデータをオシロスコープの感覚でグラフ表示できます。そのグラフデータの印刷や保存も可能です。

 

プログラムテーブル編集

トレース画面

ZONEテーブル編集

 

Speedy:高性能・高機能をΣ-Vとの組合せで実現

・ダントツ性能:
 業界最高レベルのサーボ応答性(速度周波数応答:1.6 kHz)と高分解能エンコーダ:100万パルス/rev (20 bitエンコーダ)を標準搭載。
・簡単立ち上げ:
 つなげばすぐ動く“新調整レス機能”、マシンの動きを自動的に最適調整する“新アドバンストオートチューニング機能”、たったひとつのパラメータ調整だけでマシンの性能を極限まで引き出す“新ワンパラメータチューニング機能”(従来品比:調整作業時間1/10)を搭載。
・優れた拡張性:
 小容量から中容量までミドルイナーシャ(中慣性)とローイナーシャ(低慣性)のモータを品揃え。
 従来機種のダイレクトドライブモータ、リニアモータとの接続も可能。
 また、国内業界初めてとなるセーフティ規格を取得し、機械安全規格への対応を簡単に実現しています。
 

主な用途

PTP制御が必要な1軸の位置決め用途に最適です。
上位とは、I/Oと通信(RS-422/RS-485)による接続が可能なため、上位装置はPLC、自社コントローラ、パソコンなど接続する機器を選ばず、幅広い用途でご使用が可能となります。

・対象市場:全市場
・装置:X-Yテーブル、回転テーブル、位置決めコンベヤ、自動倉庫など