よくあるご質問

よくある質問の一覧

選択いただいた製品に関するよくある質問の一覧を掲載しております。
キーワードを入力いただくことでさらに絞り込むことができます。

検索

コントローラ > オプションモジュール

1〜16/16件表示

MP2310とEthernetで三菱PLCと通信接続する方法を教えてください。

MP2000はEthernet通信を装備しており、各社のPLCと通信接続できます。 詳細はEthernet接続ガイド(e-メカサイトに掲載)に記載していますので参照ください。 1)CPU搭載のEthernet通信を使用する場合(MP2400/MP2300S/MP2310/CPU-03/CPU-04)   2つの通信方式が選択できます。     ・メッセージ通信  :通信関数を使用(マスタ/スレーブ)します。1局のみ「自動受信」が可能です。     ・IOメッセージ通信:サイクリック通信(マスタ)で、通信関数は不要です。R/Wの2ポートを使用します。   両方式とも各社PLCに対応した通信プロトコルが選択できます。    ・安川電機、MPシリーズ:拡張メモバス    ・三菱電機、Qシリーズ :MELSEC(A互換1E)またはMELSEC(QnA互換3E)       注)三菱側Ethernetの動作設定は「RUN中書き込みを許可する」にします。       注)EthernetがQシリーズ内蔵CPUタイプ(Q03UDVCPU)の場合はオープン方式を"MCプロトコル"に設定します。    ・オムロン    :OMRON(FINS)    ・キーエンス :MELSEC(QnA互換3E)    ・横河電機   :MODBUS/TCP    ・その他PLC:無手順 2)Ethernet通信モジュール(218IF-02)を使用する場合。    メッセージ通信を使用します。(「自動受信」はなし)   IOメッセージ通信は使用できません。 3)Ethernet通信モジュール(218IF-01)を使用する場合。   メッセージ通信を使用します。MELSEC(QnA互換3E)、OMRON(FINS)は使用できません。   IOメッセージ通信は使用できません。 4)PLC以外との接続   ・PCとの接続については、通信マニュアルを参照ください。   ・タッチパネルとの接続はPLCと同様の方法で接続できます。(自動受信が使用できます。) 注)データサイズについて   プロトコルにより、通信データサイズは変わります。通信マニュアルを参照ください。

MP2310とEthernetでオムロンPLCと通信接続する方法をおしえてください。

MP2000はEthernet通信を装備しており、各社のPLCと通信接続できます。 詳細はEthernet接続ガイド(e-メカに掲載)に記載していますので参照ください。 1)CPU搭載のEthernet通信を使用する場合(MP2400/MP2300S/MP2310/CPU-03/CPU-04)   2つの通信方式が選択できます。     ・メッセージ通信  :通信関数を使用(マスタ/スレーブ)します。1局のみ「自動受信」が可能です。     ・IOメッセージ通信:サイクリック通信(マスタ)で、通信関数は不要です。R/Wの2ポートを使用します。   両方式とも各社PLCに対応した通信プロトコルが選択できます。    ・安川電機、MPシリーズ:拡張メモバス    ・三菱電機、Qシリーズ :MELSEC(A互換1E)またはMELSEC(QnA互換3E)       注)三菱側Ethernetの動作設定は「RUN中書き込みを許可する」にします。       注)EthernetがQシリーズ内蔵CPUタイプ(Q03UDVCPU)の場合はオープン方式を"MCプロトコル"に設定します。    ・オムロン    :OMRON(FINS)    ・キーエンス :MELSEC(QnA互換3E)    ・横河電機   :MODBUS/TCP    ・その他PLC:無手順 2)Ethernet通信モジュール(218IF-02)を使用する場合。    メッセージ通信を使用します。(「自動受信」はなし)   IOメッセージ通信は使用できません。 3)Ethernet通信モジュール(218IF-01)を使用する場合。   メッセージ通信を使用します。MELSEC(QnA互換3E)、OMRON(FINS)は使用できません。   IOメッセージ通信は使用できません。 4)PLC以外との接続   ・PCとの接続については、通信マニュアルを参照ください。   ・タッチパネルとの接続はPLCと同様の方法で接続できます。(自動受信が使用できます。) 注)データサイズについて   プロトコルにより、通信データサイズは変わります。通信マニュアルを参照ください。

MP2310とEthernetでキーエンスPLCと通信接続する方法をおしえてください。

MP2000はEthernet通信を装備しており、各社のPLCと通信接続できます。 詳細はEthernet接続ガイド(e-メカに掲載)に記載していますので参照ください。 1)CPU搭載のEthernet通信を使用する場合(MP2400/MP2300S/MP2310/CPU-03/CPU-04)   2つの通信方式が選択できます。     ・メッセージ通信  :通信関数を使用(マスタ/スレーブ)します。1局のみ「自動受信」が可能です。     ・IOメッセージ通信:サイクリック通信(マスタ)で、通信関数は不要です。R/Wの2ポートを使用します。   両方式とも各社PLCに対応した通信プロトコルが選択できます。    ・安川電機、MPシリーズ:拡張メモバス    ・三菱電機、Qシリーズ :MELSEC(A互換1E)またはMELSEC(QnA互換3E)       注)三菱側Ethernetの動作設定は「RUN中書き込みを許可する」にします。       注)EthernetがQシリーズ内蔵CPUタイプ(Q03UDVCPU)の場合はオープン方式を"MCプロトコル"に設定します。    ・オムロン    :OMRON(FINS)    ・キーエンス :MELSEC(QnA互換3E)    ・横河電機   :MODBUS/TCP    ・その他PLC:無手順 2)Ethernet通信モジュール(218IF-02)を使用する場合。    メッセージ通信を使用します。(「自動受信」はなし)   IOメッセージ通信は使用できません。 3)Ethernet通信モジュール(218IF-01)を使用する場合。   メッセージ通信を使用します。MELSEC(QnA互換3E)、OMRON(FINS)は使用できません。   IOメッセージ通信は使用できません。 4)PLC以外との接続   ・PCとの接続については、通信マニュアルを参照ください。   ・タッチパネルとの接続はPLCと同様の方法で接続できます。(自動受信が使用できます。) 注)データサイズについて   プロトコルにより、通信データサイズは変わります。通信マニュアルを参照ください。

MP2310とEthernetで三菱タッチパネルと通信接続する方法をおしえてください。

MP2000はEthernet通信を装備しており、各社のPLCと通信接続できます。 詳細はEthernet接続ガイド(e-メカに掲載)に記載していますので参照ください。 1)CPU搭載のEthernet通信を使用する場合(MP2400/MP2300S/MP2310/CPU-03/CPU-04)   2つの通信方式が選択できます。     ・メッセージ通信  :通信関数を使用(マスタ/スレーブ)します。1局のみ「自動受信」が可能です。     ・IOメッセージ通信:サイクリック通信(マスタ)で、通信関数は不要です。R/Wの2ポートを使用します。   両方式とも各社PLCに対応した通信プロトコルが選択できます。    ・安川電機、MPシリーズ:拡張メモバス    ・三菱電機、Qシリーズ :MELSEC(A互換1E)またはMELSEC(QnA互換3E)       注)三菱側Ethernetの動作設定は「RUN中書き込みを許可する」にします。       注)EthernetがQシリーズ内蔵CPUタイプ(Q03UDVCPU)の場合はオープン方式を"MCプロトコル"に設定します。    ・オムロン    :OMRON(FINS)    ・キーエンス :MELSEC(QnA互換3E)    ・横河電機   :MODBUS/TCP    ・その他PLC:無手順 2)Ethernet通信モジュール(218IF-02)を使用する場合。    メッセージ通信を使用します。(「自動受信」はなし)   IOメッセージ通信は使用できません。 3)Ethernet通信モジュール(218IF-01)を使用する場合。   メッセージ通信を使用します。MELSEC(QnA互換3E)、OMRON(FINS)は使用できません。   IOメッセージ通信は使用できません。 4)PLC以外との接続   ・PCとの接続については、通信マニュアルを参照ください。   ・タッチパネルとの接続はPLCと同様の方法で接続できます。(自動受信が使用できます。) 注)データサイズについて   プロトコルにより、通信データサイズは変わります。通信マニュアルを参照ください。

MP2000のセルフコンフィグレーションとMPE720 Ver.7モジュール構成定義のセルフコンフィグレーションは同じですか?

セルフコンフィグレーションには、コントローラ前面パネルのSW1を使用する方法と、MPE720の「モジュール構成定義」画面を使用する方法があります。 コンフィグレーションの基本動作は同じですが、一部仕様が異なります。 1.SW1を使用した場合。    ・「INIT」「CONFG」のSWをONして初期化も同時におこないます。     MP2000を始めて立ち上げる場合はこの「SW1」方式を使用します。    ・新規に一括コンフィグレーションをおこないます。 2.「モジュール構成定義」画面を使用した場合。   一度、SW1でセルフコンフィグレーションした後、必要に応じて使用します。メモリはクリアされません。   モジュール単位でコンフィグレーションが可能です。   ただし、MP2310/MP2300Sは1モジュール扱いとなります。内蔵の機能モジュール単位ではできません。   SW1でのコンフィグレーションとは一部動作が異なりますので注意ください。    ・割付済みの内部モジュール(仮想軸、M-EXECUTOR)は削除されません。     ・割付済みのサーボパックは更新されません。    ・オプションモジュールは新規にコンフィグレーションされます。

MP2310/MPE720 Ver.7を使用。 モジュール構成画面でコンフィグレーションしたがM-EXEが定義されたまま。

セルフコンフィグレーションには、コントローラ前面パネルのSW1を使用する方法と、MPE720の「モジュール構成定義」画面を使用する方法があります。 コンフィグレーションの基本動作は同じですが、一部仕様が異なります。 1)SW1を使用した場合。    ・「INIT」「CONFG」のSWをONして初期化も同時におこないます。     MP2000を始めて立ち上げる場合はこの「SW1」方式を使用します。    ・新規に一括コンフィグレーションをおこないます。 2)「モジュール構成定義」画面を使用した場合。   一度、SW1でセルフコンフィグレーションした後、必要に応じて使用します。メモリはクリアされません。   モジュール単位でコンフィグレーションが可能です。   ただし、MP2310/MP2300Sは1モジュール扱いとなります。内蔵の機能モジュール単位ではできません。   SW1でのコンフィグレーションとは一部動作が異なりますので注意ください。    ・割付済みの内部モジュール(仮想軸、M-EXECUTOR)は削除されません。     ・割付済みのサーボパックは更新されません。    ・オプションモジュールは新規にコンフィグレーションされます。