安川電機 医療・福祉機器情報サイト CoCoroe(ココロエ)

株式会社 安川電機
脊髄損傷者用歩行アシスト装置 ReWalk ReWalkは、私に「もう一度歩ける」という希望を与えてくれました。脊髄損傷者用歩行アシスト装置 ReWalk ReWalkは、私に「もう一度歩ける」という希望を与えてくれました。

脊髄損傷によって下肢が麻痺し、車いすでの生活を余儀なくされている方の「もう一度自分の脚で歩きたい!」という希望を実現する歩行アシスト装置です。 床ずれ、関節の硬化、筋力の低下など座ったままの生活が招く様々なトラブルも「歩く」ことで予防し、生活の質の向上にも貢献します。

Rewalk

※ReWalkには使用するための適応条件があり、すべての方の歩行を実現する訳ではありません。詳しくはお問い合わせください。 また、本装置の使用には、医師の診察及びトレーニング(合計40時間)が必要です。


導入フロー

Procedure for Introduction

お申し込み・医師の診察

  • お申し込み
    安川電機まで電子メールまたはお電話でお問い合わせください。スクリーニング・フォーム(アンケート用紙)をお送りしますので必要事項を記入して返送してください。この時点でReWalkの適用可否を判断します。

  • 医師の診察
    ReWalkの適応基準に従い、医師による診察(スクリーニング)を受けていただきます。

20時間?基礎トレーニング

※トレーニングの開始前には、同意書にサインしていただきます。

  • ReWalk 基礎トレーニング
    専門のReWalkトレーナーが所属する病院などで、ReWalk概要や立つ・座る・歩くといった基礎的なトレーニングを受けていただきます。

  • トレーナーによるスキルチェック
    スキル習得後、ReWalkトレーナーによる基礎トレーニングのスキルチェックを受けていただきます。

  • ReWalkトレーナーによる基礎トレーニングのスキルチェックをクリアした方は、ReWalkの購入が可能にとなります。

基礎スキルの例

20時間?応用トレーニング

※トレーニングの開始前には、同意書にサインしていただきます。

  • ReWalk 応用トレーニング
    会話をしながら歩行やエレベーター、スロープの利用など、日常生活での使用を目的とした応用的なトレーニングを受けていただきます。

  • トレーナーによるスキルチェック
    スキル習得後、Rewalkトレーナーによる応用トレーニングのスキルチェックを受けていただきます。
応用スキルの例

ReWalker誕生

基礎から応用までのすべてのスキルを習得後、個人での使用が可能となります。(当社ではRewalk装着者の方を「Rewalker」と呼んでいます。)

  • お申し込み・医師の診察
  • 20時間? 基礎トレーニング
  • 20時間? 応用トレーニング
  • ReWalker誕生
カタログダウンロード