安川電機 医療・福祉機器情報サイト CoCoroe(ココロエ)

株式会社 安川電機
下肢用リハビリ装置LR2 反復動作は持久力を備えた装置に任せ、理学療法士は心へ届くリハビリ効果を追求下肢用リハビリ装置LR2 反復動作は持久力を備えた装置に任せ、理学療法士は心へ届くリハビリ効果を追求

下肢用リハビリ装置LR2は、運動機能に障害を持つ方がベッドに寝たまま機能回復訓練を行うことができる装置です。
本装置は患者の股・膝・足首の各関節を同時に、かつ長時間動作させることで、拘縮した関節の可動範囲の維持・拡大などが期待されます。

一般名称能動型下肢用他動運動訓練装置
販売名下肢用リハビリ装置 LR2
製造販売
認証番号
225AHBZX00026000

製品紹介

Product Introduction

3大関節(股、膝、足首)の協調動作制御が可能です。理学療法士の熟練の技術を再現した滑らかで綿密な動きが、
人と装置のコンビネーションによるリハビリテーションの道を切り開きます。

  • 3関節1
    3関節1
    下腿をほぼ水平に保持し、股関節、膝関節、足関節を同時に動かします。このとき、足関節にかかる力を調節することができます。また、膝関節の伸展機能が付加されています。
  • 3関節2
    3関節2
    下腿をほぼ水平に保持し、股関節、膝関節、足関節を同時に動かします。
  • 足関節
    足関節
    足関節を低背屈動作させます。このとき、足関節にかかる力を調節することができます。足関節だけを単独で動かしたいときに使用します。
  • CPM(Continuous Passive Motion)
    CPM(Continuous Passive Motion)
    かかとをほぼ水平に移動させ、股関節、膝関節、足関節を同時に動かします(膝関節用のCPM装置と同様の動きです)。
  • SLR(Straight Leg Raising)
    SLR(Straight Leg Raising)
    膝関節を伸ばした状態で、脚全体を上下させます。このとき足関節も同時に動かすことができます。
  • ブレンド
    ブレンド
    5種類の運動パターンから、2つのパターンを組み合わせて交互に繰り返します。例えば3関節2とSLRを組み合わせたり、足関節とCPMを組み合わせたリハビリテーションが可能です。

特長

Features

当社が得意とするモーションコントロール技術を背景に、中間速度の調整、保持時間の漸増、角度の漸増といった複雑な動きを実現します。
利用者に負担をかけず効果的なリハビリテーションを行ないます。

  • 角度の漸増
    角度の漸増
    伸展位、屈曲位それぞれの目標とする膝関節角度に向けて徐々に可動域を増やしながら治療できる機能です。筋肉や関節に大きな負担をかけず、ストレッチ角度を徐々に大きくできます。
  • 中間速度の調整
    中間速度の調整
    伸展位、屈曲位それぞれの目標とする膝関節角度付近はゆっくりと動かし、中間付近は速度を上げるため、筋肉や関節に無理な負担をかけず一定速度の場合よりも時間を短縮できます。例えば、関節に不安がある人工関節の方にも安心です。
  • 保持時間の漸増
    保持時間の漸増
    動作の伸展位、屈曲位での保持時間を徐々に長くすることで、ストレッチ効果が高まります。関節が硬くなっている方でも、保持時間を徐々に延ばすことで、無理なくストレッチができます。

使用フロー

Procedure

動作モード
6種類の運動パターンに加えて「急性期簡単モード」「CPM簡単モード」の2種類がプログラムされており、利用者を選択して実行ボタンを押すだけで動作を開始します。
  • LR2の操作開始
  • 利用者を選択
  • 利用者に機器をセット
  • 運動モード選択
  • 6つの動作パターンと2つの動作モードを選択可能
  • 急性期簡単モード
    6種類の運動パターンのうち、「3関節 2」を3回、「SLR」を1回が1つのセットになっています。動作角度と速度を3段階から選択すれば開始できます。

    CPM簡単モード
    動作角度をスライドバーで調整後、速度を入力するだけで「CPM」が開始できます。
  • 6つの動作パターン
  • 動作条件をさらに細かく設定すれば、理学療法士のノウハウを再現可能
  • 個人別に動作履歴を最大200名分保存でき、次回からは設定が不要
  • 個人のリハビリ履歴は、USBインターフェースを使ってもう1台のLR2に転送可能

リハビリ操作をオーダーメイド

基本仕様

Spec

動作中は、LR2のさまざまなセンサが常に見守ります。非常時に備えて利用者が機器を停止できるスイッチを標準装備しています。

自動停止機能
利用者の意図しない動きで身体の負荷が大きくなると、その負荷を和らげるようにアームが優しく動作。
負荷が制限を超える場合は自動停止。また、機器の位置がずれた場合も自動停止。
安全・安心設計
安全・安心設計

基本仕様

外形寸法(アーム収納時)520(幅)×900(奥行)×1200(高さ)mm
本体質量100kg
定格電源電圧・周波数AC100V 50/60Hz
電源入力410VA
電撃防護形式・程度クラスIB 形装着部
使用環境温度10~35°C
湿度30 ~ 85% RH(結露のないこと)
標高1000m 以下
保管環境温度-10 ~ 60°C
湿度20 ~ 90% RH(結露のないこと)
気圧700 ~ 1060hPa
対象利用者身長1,400 ~ 1,800mm
体重80kg 以下
適応ベッド高さ420 ~ 720mm
データ容量利用者 最大 200 名分
外部データ入出力USBポート×1
一般的名称能動型下肢用他動運動訓練装置
販売名 ※下肢用リハビリ装置 LR2
製造販売認証番号225AHBZX00026000
クラス分類管理医療機器(クラスII)
特定保守管理医療機器

※LR2:Leg Rehabilitation Robotの略です

機能・性能

動作パターン3関節1、3関節2、足関節、CPM、SLR、ブレンド
漸増機能中間速度調整機能、保持時間漸増機能、角度漸増機能
設定可能項目身長、体重、動作時間、各関節動作角度、動作角速度、 トルク制限値、休止時間、漸増 ON/OFF
安全機能負荷に対する柔軟制御、過負荷監視、過速度監視、 装置ずれ監視、挟み込み防止、操作停止スイッチ
可動範囲股関節膝屈曲時 10°~ 100°、SLR 時 10°~ 60°
膝関節0°~ 100°(CPM の場合には 0°~ 140°)
足関節背屈 30°~底屈 45°
速度範囲股関節膝屈曲時 1°~ 24°/s、SLR 時 1°~ 15°/s
膝関節CPM 時 1°~ 20°/s
足関節1°~ 22.5°/s
タイマー1分~360分
カタログダウンロード